2020年08月01日 駒沢野球場

二松学舎大附vs城北

2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

二松学舎大附 長身の秋広が好投し、秋山が3ランで締めて7回コールド



二松学舎大附先発・秋広優人

 2年連続、夏準優勝の都立小山台を破り旋風を起こしている城北に対し、二松学舎大附は身長2メートルの長身、秋広 優人が先発した。

 秋広は立ち上がり、奪三振2を含む三者凡退で切り抜けた。

 その裏二松学舎大附は、3番・小林拓斗の右中間を破る二塁打で1点先制すると、4番で先発投手でもある秋広の右前安打でさらに1点を追加した。
二松学舎大附は3回裏も、5番・山田 将義の三塁打に、6番・杉山友斗の左前安打でさらに1点を追加する。

 関東地方も梅雨が明け、急に暑くなる中、秋広は中盤ややバテ気味で4回や6回には安打や四死球で走者を出すこともあった。それでも5回表二死で、9番・磯崎大輔の2ストライクからの3球目に最速144キロを記録した。
「球速は特に気にしていません」と語る秋広であるが、最速を記録した球は覚えていた。結果は遊ゴロになったが、「本当は三振を取りに行っていました」と語る。

 城北は、投手を増田晃正、藤原一眞とつなぎ、4回裏からは今大会で好投が目立つ中村陽紀が登板した。中村は疲労を隠すことができなかった。
6回裏には、8番・成澤 悠太のスクイズが内野安打になり1点を追加し、さらに1番・浅野 雄志の中犠飛でさらに1点を追加した。

 7回裏には、安打が2本続いた後に、8番・秋山 正雲がライト柵越えの豪快な柵越えの3ランを放ち、8-0。7回コールドが成立した。秋山はこの試合は背番号18で右翼手として出場しているが、秋は背番号1のエース。もっとも二松学舎大附の市原勝人監督は、「今でもエースです。秋山の力は、うちにとって欠かせない」と語る。試合の雰囲気に慣れるための右翼手としての出場だという。

 それでも先発した秋広は7回を投げて被安打3、奪三振9の無失点。投球数は84という内容だった。もっとも秋広は、打つ方が好きだという。秋広と秋山の秋秋コンビの投打の活躍が、夏の大会の優勝には必要だ。

 一方敗れた城北は、敗れた後も背筋を伸ばし、凛々しさを感じるチームであった。エースの中村の疲労は分かっていたが、「最後は中村」というのが、一致した意見だったそうだ。メンバーの大半を占める付属中学は、二松学舎大附の捕手・山田 将義の出身校である駿台学園とはよく対戦していた。「かなり疲れていました。もう少し良いコンディションで投げさせたかった」と、門多元監督は語る。

 それでも主将の国分良樹は、「エースが打たれて終わり、悔しいけれども納得しました」と語る。甲子園にはつながらない特別な夏だが、城北の選手のやりきった表情に、この大会の開催意義を感じた。

(記事=大島 裕史)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る