監督、主将の不在を力に変えた!都立足立西がシード校の日本ウェルネスを撃破!



先発の野里慶士郎(都立足立西)

 試合後、都立足立西の芝英晃監督は笑顔で選手たちに賛辞を送った。

 シード校の日本ウェルネスを6対1で下して4回戦進出を決めた都立足立西だが、5回に4番で主将の萩原悠都が死球で負傷退場し、また6回途中にも芝監督が体調不良でベンチ裏に下がることに。

 しかし、そんな不測の事態の中でも選手たちは見事に逆境を跳ね返して見せた。

 2回に先制点を奪われた都立足立西だが、3回裏に3本のタイムリーを集めて逆転に成功すると、終盤に入った8回にも、1番・神田民生のタイムリーツーベースなどで追加点。じわじわと日本ウェルネスを土俵際へ追い込んでいった。

 投げてはエースの野里 慶士郎が、2回以降は安定した投球で日本ウェルネス打線を打ち取っていく。6回には一死二、三塁、8回には二死二、三塁のピンチを背負ったが、落ち着いて後続を打ち取り、主将不在のチームを鼓舞していく。

 「監督も萩原(主将)もいなくなって、これで負けてしまうのはちょっとダメだろ、と選手たちでも話しました。このまま終わらせてはいけないと思って投げました」(野里)

 野里の好投に打線の集中打と、投打がガッチリと噛み合った都立足立西は、日本ウェルネスを6対1で下して4回戦進出を決めた。逆境を力に変えて、全員野球で掴んだ勝利だった。

 一方、敗れた日本ウェルネスは、相手の勢いに完全に飲み込まれてしまった印象だ。
 5回途中からはエースの速球派サイドハンド・石井謙也が登板し、何とか流れを引き戻そうと熱投が続いたが8回裏に力尽きた。

 石井だけでなく、潜在能力の高い選手は他にもいた。もし上のステージも野球を続けるのであれば、この悔しさを晴らす活躍を見せて欲しい。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。