迫力満点だった大森学園・工藤と江戸川・金澤の投げ合い。大森学園が中盤の集中打で4回戦進出



先発の工藤翔午(大森学園)

 4回戦進出を懸けた大森学園都立江戸川の試合は、7対0の7回コールドと結果だけを見れば大森学園の圧勝であるが、点差を感じさせない程の好投手の投げ合いとなった。

 大森学園の先発は主将でエースの先発の工藤翔午。2年生時からマウンドに立ち続けた経験豊富な右腕だ。
 大きな癖も無く、再現性の高いフォームから力のある直球を投げ込み、またコントロールの精度も非常に高い。序盤からチャンスらしいチャンスも許さず、スコアボードに「0」を並べていった。

 対する都立江戸川の先発は、2回戦でも好投を見せた金澤智也だ。
 初回にいきなり先制点を許したが、以降は伸びのある直球とキレのあるスライダーを投げ分けて、大森学園打線を封じた。

 両投手の好投により引き締まった投手戦となったが、中盤の5回から試合は大きく動き出す。
 5回表、無死三塁から9番・青柳大海のライトへのタイムリーヒットで1点を追加すると、さらに相手の守備のミスでさらに追加点を挙げる。その後も4番・上野晟士朗に右中間へのタイムリーツーベースが生まれるなど、集中打を浴びせて一気に4得点を挙げる。

 これで一気に主導権を握った大森学園は、7回にも2点を追加して決着をつける。点差は7点広がり、7回コールドで大森学園が勝利した。

 好投手・金澤を攻略しての勝利となったが、それでも大森学園の和泉隆監督は「サインミスや守備のミスもでました。課題はまだまだ多くあります」と笑顔は無かった。次の試合までに修正できるか注目だ。

 一方、敗れた都立江戸川
 園山蔵人監督は、この春に都立江戸川に赴任したばかりで、活動自粛に伴って選手とコミュニケーションを取り始めたのも5月中旬と他校以上に準備ができない中での大会となった。それでも園山監督は、逆境にもめげずに日々考えながら野球に取り組んだ選手たちに賞賛の言葉を送った。

 「選手たちには特別な状況の中で、人としての土台を作って欲しいと思ってました。考える力があり、行動に移せる実行力もあるので、後輩たちにも継承できればと思います」

 勝った大森学園は、3日の4回戦で國學院と対戦の予定だ。今年は経験のある選手も多いだけに、今後の戦いぶりにも注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。