しぶとい男・林平太郎が1失点完投!都立城東が都立王子総合との接戦を制して4回戦進出



先発・林平太郎(都立城東)

 「まだ噛み合ってないですね。実践が積めていないので戦術まで落とし込めていません」。試合後、都立城東の内田稔監督は複雑な表情を浮かべそう語った。

 3回に2番・中垣 純のレフト前タイムリーなど2点を先制し、その後1点を返されるも何とか逃げ切った都立城東。4回戦進出は決めたが、試合内容の悪さに内田監督は一戦一戦を戦っていく中で、状態を上げていきたいと展望を語った。「練習試合も1試合しかできませんでした。(次の相手の東京高は)前にいた学校(都立足立東)では試合をしていますが、気合いの入ったチームですね。これから情報を集めていきたいと思います」

 それでも、エースの林 平太郎が1失点の好投を見せたことは収穫の一つではないだろうか。昨秋の東京都大会ベスト4進出に大きく貢献した左腕だが、自粛期間のブランクを微塵も感じさせない安定した投球を見せた。

 「しぶとい男」と内田監督も信頼を寄せる林が、次戦はどんな投球を見せるのか見ものだ。

 一方、敗れた都立王子総合だが、独特のインステップのフォームから投げ込む林のボールを最後までとらえることができず、1点を奪うことしかできなかった。都立王子総合の市川幸一監督は、左打者である1、2番が機能しなかったことを悔やみ、チャンスを作れなかったと敗因を語った。「あの角度は左打者は厳しいかなと思っていました。もう少しチャンスがあるかなと思っていましたが、思った以上にキレもコントロールも良く、(チャンスを)作ることができませんでした」

 また先発したエースの西出諒について市川監督は、3回に2失点した際にはブルペンでリリーフを待機させたことを明かす。しかし、その後は粘りの投球で無失点に抑え、最後まで一人で投げ抜いたことに、市川監督は「最後まで投げることができたので、我慢した甲斐があった」と笑顔を見せた。

 都立城東は8月2日に明治神宮球場にて、東京高と対戦予定だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。