昨年ベスト4の上野学園が11得点快勝も、小川監督「もっと謙虚に野球したい」



5回にビックイニングを作った上野学園

 序盤に流れを掴んだ上野学園が2回戦を突破した。前日には昭和鉄道との1回戦を戦い連戦となったが、小川貴智監督は「昨日のゲームでは謙虚さのない野球をしてしまった」と振り返る。

 この試合でも、立ち上がりの1回、2回は攻撃が上手く噛み合わない様子を見せたが、打順が一回りすると徐々に豊島学院先発の浅子竜輝をとらえはじめる。

 3回に相手のミスから1点を先制すると、続く4回にも二死二、三塁から1番・土肥虎太郎がスクイズを決めて追加点。さらに相手守備が乱れる間に二塁ランナーもホームへ生還し、これで試合の主導権を掴んだ。

 上野学園の先発は背番号1の田崎清然。オーバーハンドから、力のある直球と緩いカーブの投げ分ける投球が魅力の右腕だ。小川監督は、「まだまだの投手」と辛口であるが、安定感や間合いなどトータルの面で見れば、昨年の東東京大会ベスト4進出の原動力となった赤坂 諒にも負けない良さを持った投手だ。

 直球だけでなく緩急も上手く使い、ランナーを出しても動じずに後続を打ち取っていき、スコアボードに「0」を並べていった。

 田崎の好投でさらに勢いを増した上野学園は、4本のタイムリーヒットを浴びせて一挙5得点。7回にも1番・土肥にランニングホームランが飛び出し、試合はそのまま11対0で上野学園が勝利した。

 結果だけを見れば大差の勝利であったが、序盤の拙攻については小川監督は納得できない様子だった。3回の攻撃に入る際に、選手たちには熱い激を飛ばしたことを明かす。「精神的な面で上手くいってなかったので、もっと貪欲にいこうと熱意を伝えました。次の共栄学園さんも力のあるシード校なので、謙虚に野球をやっていきたいと思います」

 一方敗れた豊島学院。実は今年の3年生は、主将の小山凌輔と先発した浅子竜輝の二人だけで、2年生主体のチームであった。それでも佐久間一樹監督は、人数は少ないながらも必死にチームをまとめた3年生に称賛の言葉を送った。「休校期間中も、下級生を引っ張ってくれて本当に頑張ったと思います。下級生が力を発揮できなかったので、鍛えなおしたいと思います」

 勝った上野学園は、3回戦ではシード校の共栄学園と対戦する。どんな戦いを見せるのか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。