10点差が一転、3点差まで詰められた日本ウェルネス。エース・石井が流れ断ち切り3回戦へ



東京成徳大高の守備

 試合は、序盤から日本ウェルネスのペースで進んだ。

 1回表、二死三塁から4番・井崎伸幸のタイムリーで先制点を挙げると、2回表にも二死三塁から8番・苅部太葵のタイムリーで追加点。日本ウェルネスが序盤で2点のリードを奪う。

 日本ウェルネスの先発は、背番号10の岸 快誠。右上手から非常に力強いボールを投げ込み、都立足立新田打線を圧倒していく。「2年生でまだ経験も無い投手」と美齊津忠也監督は説明するが、堂々たるピッチングでリズムを作った。

 一方、先制点を奪われた都立足立新田だったが、3回以降は先発の小泉拓也が立ち直る。決して驚くようなボールがあるわ訳では無いが、低めに丁寧にボールを集めて粘りの投球を見せる。

 両投手の好投で、試合は2対0のまま後半戦へ突入した。

 「根岸は通用すると思っていましたが、相手打線は本当に鍛えられているなと感じました。」

 そう語るのは、都立足立新田の有馬信夫監督だ。6回から都立足立新田は、粘りの投球を見せていた小泉に代えて、背番号10の根岸勇斗を投入する。しかし交代した直後から、日本ウェルネス打線が力を見せ始めたのだ。

 一死三塁から7番・佐藤 駿のライト前タイムリーで1点を追加すると、その後二死二、三塁から1番・安部来紀のレフト前タイムリーでさらに1点を追加する。その後も日本ウェルネスは3本のタイムリーを浴びせて、この回だけで一挙8得点。点差も10点に広がり、このまま日本ウェルネスがコールドで勝利するのかと思われた。

 しかし、最後までわからないのが野球である。「夏は甘くないと体感してくれたと思います」と美齊津監督は試合後に語ったが、ここから都立足立新田は凄まじい追い上げを見せたのである。

 6回裏、満塁のチャンスから押し出し死球で1点を返すと、その後8番・小泉、9番・村田功太の連続タイムリーなどで4点を挙げる。

 さらに7回裏、無死一塁から3番・富山力がレフトオーバーのタイムリーツーベースを放って5点差に迫ると、その後二死満塁から8番・小泉の内野安打の間にランナーが二人生還しさらに追加点。終盤まできて点差は3点となり、勝負は一気にわからなくなった。

 しかし、ここで流れを断ち切りたい日本ウェルネスは、7回途中からエースの石井謙也を投入する。スリークウォーターに近いサイドハンドから、キレのあるボールを投げ込む石井。「経験のある投手で、いつでもいける準備はさせていた」と美齊津監督も信頼を口しており、その言葉通りに見事に流れを断ち切る好投を見せた。

 石井の好投でピンチを脱した日本ウェルネスは、そのまま点を与えること無く逃げ切り、10対7で2回戦を突破した。石井の投球は次戦も注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。