國學院打線爆発!



佐々木敦史(國學院)

 國學院が初回から猛打を見せつけた。四球のランナーをバントで送り迎えたチャンスで、3番藤枝怜佑のレフトへのエンタイトルツーベースで2点を先制する。

 2回以降も國學院は攻撃の手を緩めず、6番松崎巳陽、1番鈴木蒼空、4番山下航基、7番宗台文哉、8番中村全のタイムリーで4回までに計11点を奪う。

 反撃に出たい都立農産は、國學院先発の佐々木敦史のテンポ良いピッチングの前にノーヒットだったが、4回の裏、3番近藤健斗のセンター前ヒットで突破口を作った。
 しかし、後続が凡退し、この回は無得点に終わる。

 5回には、國學院2番手、毛利篤哉が都立農産打線を3人で抑えゲームセット。

 11-0、5回コールドで國學院が勝利した。

(記事=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。