東東京屈指の実力校同士の対戦は東海大高輪台に軍配!両校スラッガー揃うハイレベルなチームだった!



東海大高輪台1番・田渕翔太

 日体大荏原東海大高輪台。東東京屈指の実力校同士で、毎年注目される学校同士が2回戦で激突した。

 日体大荏原の先発は背番号10を付けたサイドハンドの松沼太陽。セットポジションからすっと左足を上げると、一度身体をひねりながら股関節にタメを作って重心移動。後ろの大きいテイクバックから全身のバネを使って右腕を強く振り抜く。踏み出す左足が突っ張り気味なのが気になる点だが、外角を中心に低めを丁寧に突く投球を展開する。

 強力・東海大高輪台打線も松沼の前に初回の攻撃を抑えられると、直後の攻撃で1番・青木玲依のヒットと2番・平瀬翔のエンドランが決められ、一死一、三塁。ここで4番・柴田丈の時に守備が乱れて先取点を与えてしまう。

 2回に追いつくも、直後の守備で1番・青木と4番・柴田のタイムリーなどで一挙4失点。序盤から苦しい試合展開となった東海大高輪台だったが、中盤から自慢の攻撃陣が機能する。

 5回、二死から2番・吉澤望のタイムリーで1点を返すと、3番・福留悠大にもタイムリーが生まれてもう1点追加。2点差まで詰め寄ると8回、4番・上遠野雄飛と5番・後埜上颯人の連打でチャンスメイクするなど、一死満塁。ここで8番・菊地清太郎が押し出し死球で1点差にすると、1番・田渕翔太がレフトの頭を超すタイムリーを放つなど、逆転に成功した。

 このリードを6回からマウンドに上がったエース・古口誠が守り切ってゲームセット。東海大高輪台が見事な逆転劇で3回戦進出を決めた。