4番世古怜央真を中心に都立大崎が強力打線でコールドで勝利!



大崎・川瀬

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 初回、都立大崎先発小柴聖矢は渋谷教育学園渋谷の上位打線を三者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せる。

 その裏、都立大崎の攻撃は1番富樫克眞がヒットで出塁し、貯まったランナーを4番加藤舜脩5番小柴7番眞田秀太のタイムリーで返し、4点を先制する。

 直後渋谷教育学園渋谷の攻撃では、9番松田涼のセンター前タイムリーですかさず一点を返した。

 都立大崎は2回こそ無得点だったが、8番斎藤駿太2番有賀和哉にタイムリーが飛び出し、3.4.5回と毎回得点を記録し、徐々に渋谷教育学園渋谷を突き放す。

 後半戦では、都立大崎反田昂基が渋谷教育学園渋谷打線をピシャリと抑え、流れを作る。そして迎えた6回の裏都立大崎の攻撃、連続四球とヒットでチャンスを作ると、内野ゴロの間に1点を追加した。

 7回の表、反撃を試みる渋谷教育学園渋谷だが、この回からマウンドに上がった大崎川瀬夏希を打ち崩すことができなかった。

 大会規定7回コールドで、都立大崎が試合を制した。

 都立大崎は全員野球で大量10点を獲得した。
 渋谷教育学園渋谷は4番世古怜央真のバットが振れていて、鋭い打球を広角に放っていた。

記事=編集部

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。