24得点の猛攻!昨夏の王者・関東一が5回コールド発進



関東一今村投手

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 都立深川は初回、二死後に3番塚田健太郎のセンター前へのクリーンヒットからチャンスを作るが無得点。先制のチャンスを逃す。

 その裏関東一の強力打線が火を噴いた。先頭の重政 拓夢がヒットで出塁し、畳み掛けるようにして4番町田雄大6番東柊羽8番柳敬斗9番領家 佑馬がタイムリーを放ち、打者12人の猛攻で一挙7得点。

 関東一打線は、攻撃の手を緩めなかった。3回の攻撃でも7番渡邊貴斗、3番八代健、5番岡津敦也にタイムリーが飛び出し、その後たまったランナーを8番柳敬斗が満塁ホームランで全員返し、なんとこの回12点を奪い取った。

 なんとか一矢報いたい都立深川だが、この回からマウンドに上がった石澤真樹の前に三者凡退で攻撃を終了した。

 関東一は3回にも2点、4回にも3点を加え、都立深川に付け入る隙を与えなかった。
途中出場の小椋勝仁、佐藤創英、出来葉翔などにもタイムリーを放ち、選手層の厚さが際立った。

 都立深川も2番手大橋亮太が粘りのピッチングをみせたが、攻撃に繋げることはできなかった。

 試合は、24対0で関東一が勝利した。

 最終的に大差にはなったものの都立深川は地力があり、来年以降も非常に楽しみなチームだった。

記事=編集部

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。