昨秋、都立勢唯一4強の都立城東が好発進!2年生エース・林 平太郎が投打で牽引



4安打完封の2年生エース・林平太郎(都立城東)

 昨秋、都立勢唯一の4強入りを果たした都立城東が試合終盤で力を発揮した。

 先発は2年生エース・林 平太郎。178センチ、70キロとバランスの取れた身体つきの技巧派左腕。1年生からエースを担う東東京屈指の左腕の一人だ。

「テンパっている選手が多かった」と初戦を振り返った内田稔監督だったが、その中でも、林は「緊張はしなかった」と都立鷺宮打線を散発4安打に抑える好投で、付け入る隙を一切与えなかった。

 打線は2回に先頭の5番・髙垣 豊が左前で出塁すると、6番・市川 聖也が送り、7番・林も右前で続いた。そして、一死、二・三塁で迎えた8番・松本 誇大郎が右犠飛を放ち1点を先制点をもぎ取った。その後中盤は相手エース・井坂 瀬之介の好投を前に中々好機を演出できずも、7回には、敵失や3番・清水 隆太郎の中前適時打などで一挙4点を奪い、差を広げた。そして5点リードで迎えた8回裏、最後は林が左中間に2点適時打を放ち、8回コールドで試合を決めた。

 初戦を無失点で終えた林だったが、「無駄なボールが多かった」と課題を口にした。この試合3四球だったが「次戦以降は無四球でいきたい」と高みを目指す。

(記事=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。