序盤から攻め続けた都立大森。中盤に一気に突き放し自由ヶ丘学園下す



先発・武内風希(都立狛江)

 序盤から都立大森が地力の差を見せた試合であった。
 初回に3番・の犠牲フライで1点を先行すると、2回にも追加点を挙げ、さらに3回にも3番・のタイムリーなどで追加点。

 序盤から自由ヶ丘学園の先発・柴原拓己を責め立てる。

 中盤以降になるとさらに都立大森打線は調子を上げていき、5回に3点、6回にも2点、7回には一挙5得点を奪うなど、その差をどんどん広げていった。

 都立大森の先発は右腕の片山諒成。
 相手を圧倒するような球威はないが、ボールを丁寧に低めに集める制球力があり、凡打の山を築く。ランナーを出してもホームまでは返さず、5イニングを投げて無失点の投球を見せた。

 打線の爆発で優位に試合を進めた都立大森は、6回に市村友希、7回には荒川慧がマウンドに上がり、大きな追い上げに遭うこともなく逃げ切った。
 14対1で自由ヶ丘学園を下し、2回戦進出を決めた。

 勝った都立大森は、2回戦で立志舎と対戦の予定だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。