田代、武者が格段の成長をせ見せる!15得点5回コールドで帝京が初戦突破



リリーフで快投を見せた武者倫太郎(帝京)

 昨秋ベスト4の帝京が、危なげない戦いで初戦を突破した。

 まずは初回、無死二、三塁から3番・小松 涼馬のサードゴロの間に1点を先制すると、続く4番・加田 拓哉の犠牲フライでさらに1点を追加する。その後タイムリーなどでさらに2点を追加した帝京は、早くも試合の主導権を握る。

 3回裏には、ディレイドスチールによる追加点を皮切りに、7番・御代川 健人のタイムリーヒットなど、計5本のタイムリーヒットが飛び出してこの回だけで10得点。
 個々の能力の高さを存分に見せつけた。

 また投手陣も昨秋から大きく成長した姿を見せた。
 先発の田代 涼太、そして4回に登板した武者 倫太郎と、共に球威は秋より格段にアップしており、特に武者の直球は都内でもトップクラスにまできているだろう。
 今後の活躍次第では、将来的にプロ入りも視野に入ってくるかもしれない。

 また防戦一方となった目黒学院にも、高いパフォーマンスを見せる選手はいた。
 4番・捕手の鈴木力丸は、シャープなスイングと軽快なフットワークから放たれる強肩が持ち味の選手だ。この試合でも盗塁を一つ刺し、また安打も放つなど、劣勢の中でも存在感を見せた。

 試合は15対0で帝京が勝利し、危なげなく初戦を突破した。
 しかし名将・前田監督に満足はない。
 「まだ(バットの)芯を食っていない選手がいる。投手も田代などは、代え時を私が間違えないようにしないといけない」と、次戦に向けて気持ちを引き締めていた。

 3回戦となる次の試合は、目白研心都立雪谷の勝者と対戦の予定だ。
 次戦でも帝京らしい強さを見せるか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)