力と勢いで押し切った正則。粘る獨協を突き放してコールドで2回戦へ!



追加点を挙げ盛り上がる正則

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 正則が5回コールドで2回戦に進出した。
 初回にいきなり自ら先制点を許した正則だったが、焦りは全く無いようであった。

 1回裏、二死二塁から4番・寒川将希のライトオーバーのタイムリーツーベースですぐさま同点に追いつくと、2回裏にも二死一、二塁から1番・松田千輝のレフト線へのタイムリースリーベースでさらに2点を追加する。
 その後、2番・瀧口航などにもタイムリーが生まれ、2回だけで一挙5得点を挙げた正則。試合の主導権を握ることに成功した。

 正則の先発は、スリークウォーターに近いサイドハンドの三宅昂樹。驚くような球威があるわけではないが、アウトコースへのコントロールを持ち味に打たせて取る投球を展開していき、試合を作っていく。

 ランナーを背負っても粘りの投球で、味方のミスにも崩れること無く仕事を果たした。

 粘る獨協は、5回表に無死一、三塁のチャンスを作って三宅をマウンドから引きずり下ろすと、相手のミスや5番・山下奏太のレフト前タイムリーなどで3点を挙げる。

 コールドにはさせまいと意地を見せたが、それでもこの試合では正則に勢いがあった。

 5回裏、無死満塁から6番・島田将之介のライト前タイムリーで1点を追加すると、さらにその後も得点を重ね、最後は二死満塁から2番・瀧口がセカンドへの内野安打で三塁ランナーがサヨナラのホームへ。

 力で押し切った正則が2回戦進出を決めた。

(記事=栗崎 祐太朗

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。