終盤の猛攻で試合を決めた都立高島が都立青山を下す!



高島・石橋

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 都立青山は初回、死球と相手のミスで出たランナーを、3番・戸谷拓巳、4番・青柳雄大の連続犠牲フライでランナーを返し、ノーヒットで1点を先制する。

 都立高島は、ヒットこそ出るものの、都立青山のエース杉浦良太の前に4回まで無失点に抑えられる展開。

 迎えた5回、都立青山は2番手・中島陸仁をマウンドに送る。それまで、チャンスでの一本に苦しんだ都立高島だったが、先頭の5番・橋本昇汰がヒットで出塁すると、7番・三好秀也のタイムリーでワンチャンスをものにした。

 そして6回、都立高島は守備でさらに流れを引き寄せた。二死一塁から、都立青山2番・永井隼二郎のライト前ヒットで、都立高島のライト馬場遼河が完璧な返球をし、三塁封殺。この試合1番の見所だった。

 流れに乗った都立高島は6回に3番・馬場のタイムリースリーベース、4番・松宮功太のタイムリーなど主軸のバットで3点、8回にも6番・石田晴登、7番・三好のタイムリーで再び3点を追加した。

 都立青山も得点圏にランナーを多く進めたが、都立高島2番手の伊藤 光を最後まで打ちあぐねる形となった。

 都立青山はタイプの異なる多くの投手を擁し、相手打線にまとを絞らせなかった。都立高島は、後半打線が効果的につながり、二桁11安打を放ち、強打を見せつけた。

記事=編集部

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。