緊迫の投手戦は安田学園先発・角田に軍配!芝浦工大付を完封で下す!



安田学園先発・角田

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 試合は、芝浦工大付先発・高橋孝太と安田学園先発・角田匠がテンポ良く投球し、前半戦はスピーディな試合展開を見せ、投手戦の様相だった。

 試合が動いたのは4回、安田学園は四球、4番・櫛原悠斗のツーベースでチャンスを作ると続く6番・細川駿斗がライト前にタイムリーを放ち、ついに試合の均衡を破った。

 試合が動くことが予測されたが、その後は再び両チームのスコアボードに0が並ぶ。

 再び試合を動かしたのは、安田学園だった。8回裏の攻撃、先頭4番・櫛原がヒットで出塁すると、バントで二塁へと進塁、そして、6番・細川のこの日2本目となるタイムリーで待望の1点を追加した。勢いにのる安田学園は、8番・津覇太地にもタイムリーが飛び出し、この回2点を追加した。

 9回、芝浦工大付は3番・鶴岡遼太郎、4番・浅野久麗のヒットチャンスを作るも得点に繋げることができず、試合は4-0で安田学園が制した。

 両チーム先発のゲームメイクが見事だった。

 芝浦工大付先発・高橋は、失点はしたものの、巧みなフィールディングと要所で三振を奪う勝負強さを存分に発揮していた。対する安田学園・角田も、伸びのある真っ直ぐを駆使して芝浦工大付打線に隙を与えず、素晴らしいピッチングを披露した。

 また、打たせて取るピッチングが身上の両投手を支える守備陣も両チームとも非常に安定していた。

記事=編集部