朋優学院が日工大駒場との死闘を制して2回戦へ。関東一への11年のリベンジマッチ誓う



サヨナラ勝ちをした朋優学院

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 朋優学院日工大駒場の大田スタジアムの第3試合は最後までもつれる試合展開。その中心にいたのが朋優学院の辻直樹と日工大駒場の岡田優作の2人の投手だ。

 先にマウンドに上がった朋優学院の辻はセットポジションから動き出すサイドスロー。ゆっくりと体重移動をしながらテイクバックも大きく取り、最後に鋭く腕を振り抜く。ストレートと横のスライダーを中心に外角を上手く使った組み立てで打者と勝負した。

 「秋から投げていましたが、大会前の練習試合で好投をしましたし、しっかりとトレーニングをしていた」ということを宮原正幸監督は評価して大事な初戦で先発を託した。

 一方の日工大駒場はエースで主将の岡田。「主将として1年間引っ張り、代える気もなかった」と宮坂洋佑監督から信頼を置かれる岡田はワインドアップから少し体を傾けながら重心を前に運び、小さく回転させながらトップに持ってきた右腕を鋭く振り抜く。力強いストレートを軸に縦の変化球も効果的に使った。

 両投手のピッチングを前に両チーム2回まで無得点だったが、3回に二死二塁から日工大駒場の1番・伊藤直希が三塁打を放つタイムリー。日工大駒場が先取点を奪うと、4回には7番・石川武人が二死一、二塁からタイムリーを放って日工大駒場がリードを広げた。

 反撃したい朋優学院は4回に7番・森崎瑛基のタイムリーで1点返すと、4対1となった5回には二死一、二塁から4番・三澤勇樹のタイムリーで4対2とする。

 そして6回に9番・佐々木堅将のタイムリーと相手のミスで同点に追いつくと、試合はそのまま9回。緊迫の一戦は後攻の朋優学院が一死から2番・山村駿悟の三塁打でサヨナラの場面を作ると、5番・佐藤一希が三遊間を破るサヨナラ打で5対4と朋優学院が死闘を制した。

 サヨナラ打を放った佐藤は、「初めての夏の公式戦で緊張をしました」と率直に振り返った。その上でサヨナラ打の場面は「インコース高めのストレートでしたが、抜けてくれてよかったです」と語った。

 朋優学院・宮原監督は「少しでも多く選手たちと夏を戦いたいですね」とコメントした一方で、日工大駒場・宮坂監督「3年生は終わりましたが、1年間よく頑張ってくれました。2年生は秋もあるので、この悔しさをバネにしっかり練習していきたいと思います」と3年生へのメッセージを残しつつ、次を見据える姿勢を見せた。

 順調に勝ち上がると朋優学院関東一と対戦する可能性がある。2011年の夏の大会では準々決勝で神宮球場で対戦しており、宮原監督もそのリベンジに燃えている。そこまでにチームをどのように仕上げていくのか、注目だ。

記事=編集部