終盤の大逆転!桜丘・井出が足をつりながらも完投勝利!



嬉しさを爆発させる桜丘の選手たち

 少しずつ日差しが傾き、涼しさも感じられた江戸川区球場の第2試合、桜丘都立東の一戦は終盤に熱い展開が待っていた。

 都立東は先発にエース・吉澤寿騎を持ってくる。身長はあまり高くないが、セットポジションで最初から少し軸足を曲げておいた状態から始動。しっかりとタメを作っておきつつ右腕を小さく回しながらトップ作り、左足をインステップ気味に踏み出す。ストレートを外角中心に集めながら、時折変化球も混ぜてボールを出し入れることで打者を翻弄する。

 その吉澤から初回に桜丘は2番・佐藤海都のヒットと相手のエラーで一死三塁。ここで3番・吉村陽己のタイムリーで先取点を奪った桜丘。しかし2回以降は吉澤に安定した投球を見せられ、追加点を上げることが出来ない。

 すると3回に都立東の9番・木川光明と1番・石川純也の連続ヒット。そして2番・村上純平にきっちり送りバントを決められピンチを迎えると、3番・糸日谷隼也のタイムリーで2点。さらに続く5番・菊田実来と6番・石井将富のヒットでこの回一挙4失点で逆転に許してしまう。

 3点のリードを許した桜丘都立東の吉澤から5回に1点返すが、外角中心としたピッチングをまえに、なかなか反撃のきっかけを作ることが出来ない。

 6回と7回にも失点を重ね、2対9と試合を決定づけたかのように思われた。ここまでヒット3本に抑えられていたが、7回に桜丘打線が目を覚ます。

 ヒットと四球などで二死満塁とすると、4番・菖蒲谷一馬が外の変化球に食らいつき、一二塁間を破るタイムリー。さらに6番・井出陽文にもタイムリーが飛び出すなど一挙5得点。7対9と2点差に詰め寄ると、勢いそのままに8回には4番・菖蒲谷の2本目のタイムリーに相手のミスも重なり4点を奪取。これで逆転に成功。

 最後はエラーでランナーを出しながらも反撃を許さずにゲームセット。終盤の逆転劇で桜丘が11対9で勝利をもぎ取った。

 終盤の打線の反撃は素晴らしかったが、7回に足をつりながらも完投した井出の粘りが大きかった。ノーワインドアップからすっと左足を上げてバランスよく1本足で立つと、スムーズな体重移動から小さく回しながら右腕をトップまで持ってくる。スリークォーター気味の高さから、ストレートを軸にフォークなどを織り交ぜる。

 序盤はアウトコース中心に組み立てたが、練習試合でも課題だったインコースを中盤以降も混ぜながら都立東に挑んだ。7回に足をつり心配されたが、「(足をつったときは)あとアウト1つだと思って投げました」と気力を振り絞った。

 その後、味方の逆転劇で、「あそこからはおさえるしかないと思いながら序盤よりも気持ち入れて投げました」ともう1段階ギアを上げて追撃を許さなかった。

 そして桜丘の中村優監督は今回の試合を振り返りながら、次の試合へ意気込みを語った。
 「子どもたちってすごいと思いました。ただこの夏は怪我など体調不調を出さないことも勝つことと同じくらい大事なので、そこも気を付けながら選手たちの気持ちの変化を見ながら伸び伸びとやらせたいです」

 一方、都立東の保倉毅之監督は「7月から再開して2、3週間で選手たちはよく合わせてくれたし、最後までしっかりできたのは良かった」と試合後にコメント。そしてエースで主将の吉澤も「7回までアウトコースの良いところに投げられていて守備も良かったのですが、一瞬の気のゆるみで甘いボールを打たれ、エラーも出てしまった」と振り返った。

 この夏をどんな形で活かすかは人それぞれだろうが、都立東にとってこの状況の中で大会が出来たことがプラスになることを願うばかりだ。

(記事=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。