2021年の東京を引っ張る左腕か?2年生サウスポー・甲斐一馬の好リリーフで郁文館が逆転で2回戦へ



郁文館ベンチ

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 試合途中から夏らしい厳しい日差しが差し込み始めた江戸川区球場。郁文館本郷の試合は序盤、点数の取り合いから幕を開ける。

 郁文館はエース・古矢彩冬がマウンド。セットポジションから始動し、右足をインステップに踏み出す。左腕はギリギリまで下ろしておき、身体で隠しながら回転と一緒に一気に振り抜く。スリークォーター気味の高さからストレートをコーナーに投げ分け、時折スライダー系の変化球を織り交ぜる。

 その古矢が本郷1番・山手佑輝と2番・森政裕友の連打で無死一、二塁といきなりピンチを招くと、3番・高橋祐葵にはインコースのボールを上手く捌かれ、レフトフェンスまで運ばれるホームラン。立ち上がりに3失点と郁文館本郷を追いかける形となった。

 しかし直後の攻撃で、2番・青山陽の死球と3番・佐藤佳樹のヒットなどで一死満塁にすると、5番・郭家樺のセンターへのタイムリーで3対2。そして2回には二死満塁から相手のバッテリーエラーですぐさま同点。試合を振り出しに戻った。

 追いついてもらった郁文館・古矢は2回以降からコースを丁寧に突くピッチング。投球フォームを見ても初回は少し力んでいるようにも見えた古矢だったが、2回以降は力が抜けていた。外角中心の配球だが、変化球を使い分けながらサウスポー特有のクロスファイヤーも駆使。古矢本来のピッチングが出来ているように見えた。

 4回には互いに点数を取り合うなど7対5と郁文館リードのところで、両校ともに5回から継投策へ。郁文館は背番号18・甲斐一馬。本郷は背番号2・斉藤 健のがマウンドへあがり、ともに5回と6回は無失点。前半の打ち合いが落ち着いたかのように思われた。

 しかし7回に郁文館本郷・齋藤から3つの四球を選びチャンスを作ったところで、4番・福與翔吾のダメ押しの一打などで3点を奪って10対5。これで試合を決定づけた郁文館が8回に2点を追加して本郷を下して初戦を突破した。

 注目は見事リリーフから試合を立て直した郁文館・甲斐。先発の古矢と同じくサウスポーだがタイプは違う。ノーワインドアップからしっかりと足を上げて、右腕を少し高く上げて壁を作る。そこから右腕も使いながら身体を縦に捻って、ボールに角度を付ける。さらにがっしりした下半身のパワーをしっかりと込めたボールには威力がある。エース・古矢が技巧派であれば、甲斐は力投派というところだろう。まだ2年生の今後の活躍にも注目したい。

 そして打線も見てみると、振れている打者が多く打線も抜け目がない。試合後に田中幸雄監督に話を聞くと、「自粛期間が明けてもほとんどの選手がしっかり動けていました」と選手それぞれがしっかり準備してきた成果だと話した。

 また先発した古矢も「(自粛期間で)個人の能力は上がったと思います」と練習できない期間も有効に使ってきたことを語る。次戦に向けて、「今日は序盤にインコースを攻め過ぎましたが、次登板することがあればしっかり抑えていきたいです」と意気込んだ古谷。

 一方敗れた本郷。主将の齋藤は「チームとしてはあまり練習ができなかったですが、それでもしっかり戦えたと思います。感謝してもしきれないです」とコメントを残した。また古矢から一発を放った髙橋 大輝も、「インコースのストレートをホームランにできましたが、その後が凡退だったので、甘さが出ました」と反省を語りながらも、次のステージでも野球を続けていくことを最後に話した。

 勝った郁文館は昨夏ベスト16で敗れたが、今年はそれを超えるベスト8以上を目指す。次の試合ではどういった試合展開を見せるのか。

(記事=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。