明大中野が13対0の完封勝利で2回戦へ!



勝利した明大中野の選手たち

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 明大中野のエース・多賀堂真伍が前評判以上の好投を見せた。スリークォーター気味のフォームからテンポよくストライクを投げる多賀堂だが、腕が長くボールの伸びも抜群。区立九段中等教育の各打者はことごとく差し込まれ、球質の良さを見せつけた。

 これから変化球の精度が上がり、そして球威も向上していけば、注目度も増してくるだろう。将来的には、スカウトの目にも留まる存在になってもおかしくない右腕だ。

 多賀堂の好投に後押しされ、打線も初回から活発だった。初回に2点、2回にも5点を奪い、その後も区立九段中等教育を攻め立てた。試合は13対0の5回コールドで、明大中野が勝利。

 明大中野は、次週の27日に郁文館と対戦の予定だ。どんな戦いを見せるのか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。