打線活発な岩倉がコールドで初戦突破!



ホームラン放った岩倉4番・岡島弘明

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 18日から東京でも独自大会が始まったが、初日から雨の影響でいくつかの試合が中止となった。神宮球場も第1試合は中止となったが、2試合目の岩倉都立三田は試合時間を遅らせて何とかやることが出来た。

 先行を取った岩倉は初回、1番・島崎陵馬と2番・鷭恵士郎が四球を選び、いきなりチャンスを作る。ここで4番・岡島弘明が、追い込まれてから膝元の緩い変化球を捉え、ライタスタンドへ運ぶ先制弾を放った。

 主砲の一発で先制に成功すると、さらに2点を追加して5対0。試合の主導権を握った岩倉の4番・岡島。バットを高い位置に構え、あまり膝を曲げることなく状態を高くしたままでゆとりを持て構える。そこからピッチャーが足を下ろすタイミングで始動していき、ヘッドをピッチャー方向に入れながら自分の間合いを作り、軸をぶらすことなく鋭く回転する。

 都立三田の先発・金崎諒太の緩いボールを前に突っ込み気味な選手もいる中、岡島は自分のタイミングまで上手く待って、低めのボールをしっかり拾った技ありの一打だった。レベルの高い投手に当たった際にどんなバッティングを見せるのか、今後の試合にも目が離せない。

 岩倉は先発に背番号10をつけた堀込俊平がマウンドへ。秋の時点ではオーバースローだったが、この試合ではサイドスローに生まれ変わっていた。セットポジションから左足を高く上げて、滑らかな体重移動から低めを丁寧に突くピッチング。2回に都立三田の4番・安達忠克にヒットを許したが、無駄な四球がなくテンポの良い内容で都立三田にホームを踏ませない。

 2回には5番・宮内輝の二塁打で追加点を挙げると、3回から2番手としてサウスポー・藤田匠がマウンドへ。制球力にばらつきはあるもの、ギリギリまで開きを抑えたところから、一気に左腕を振り抜くフォームには躍動感がある。力のストレートや横の変化球、さらに緩急を利かせたカーブなどを駆使して、都立三田打線に反撃の隙を与えない。

 4回は4番・岡島のタイムリーで5回までで7対0とすると、6回と7回にもダメ押しの1点を追加して勝負あり。都立三田を9対0で下して初戦を勝利した。

 試合後、主砲・岡島に初回のホームランを振り返ってもらうと、「追い込まれていたので、対応することだけを考えていた」と語る。普段の練習から指揮官の豊田浩之監督からも考えて打つように指示を受けているとのことだが、その成果が出た一打だったのではないだろうか。

 そして豊田監督は岡島のホームランについて、「4番の岡島が良い仕事をしてくれた」と称賛をする一方で、追加点がなかなか取れなかったことを反省材料に挙げた。

 また敗れた都立三田の安達主将、平田正樹監督は試合後に大会が出来ることへの感謝や恩返しという言葉が多く出ていた。改めて特別な夏だと言うことを再確認できる一戦でもあった。

(記事=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。