17得点で打線爆発の都立武蔵丘が2回戦へ



 雨天により、東東京は全試合が中止となった江戸川区野球場を除いて、第2試合から開催となった。大田スタジアムの第2試合は都立武蔵丘vs都立戸山の一戦となった。

 都立武蔵丘は背番号2の柳澤佳輔、都立戸山は背番号11の髙木志滉。

 都立武蔵丘は初回、2番田中 大翔の絶妙なバンドヒットなどでノーアウト満塁のチャンスを作ると、5番高月航太の左前タイムリーなどで幸先よく3点を先制する。

 その後、都立武蔵丘は一気にたたみかけ、2回には3番首藤、4番鈴木のタイムリー、3回には相手のミスに乗じてそれぞれ3点を加え、序盤で6対0と大きくリードに成功した。

 都立武蔵丘ペースで進んだ試合だったが、3回裏。戸山は1番石川紘大、2番武将太郎の連続ヒットでチャンスを作る。後続の3番沖山響が相手のミスを誘い2点、4番青山史秀もヒットで続くと5番田口峻の犠飛で計3点を返した。

 都立戸山は4回、背番号1の信田を投入し、都立武蔵丘の得点を8番柳澤のタイムリーの1点に抑えた。

 流れを掴みかけた都立戸山だったが、この回からマウンドに上がった都立武蔵丘の背番号10・西山智康が流れを断ち切るナイスピッチング。

 続く5回。都立武蔵丘は7番鈴木隆正のタイムリーなど打者11人の猛攻を見せ一挙7得点。その裏、都立戸山も5番田口のタイムリーなど2点を返すが、後続が倒れ反撃はここまでだった。

 試合は毎回得点で試合を優位に進めた都立武蔵丘が17対5で都立戸山相手に5回コールド勝ちを収めた。チャンスをモノにする都立武蔵丘打線の勝負強さは次戦にも期待だ。

 対する都立戸山も敗れはしたが、上位打線を中心として、鋭い打球を広角に放つ技術は素晴らしいものがあった。

(記事=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。