東海大高輪台の福留は強打の三塁手。次戦の打撃にも注目



3番・福留悠大(東海大高輪台)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 試合展開よりも、まず紹介したいのが東海大高輪台の3番・福留悠大だ。
 懐の深さとパンチ力が持ち味の選手で、東練馬シニア時代には全国大会の舞台にも立つなど経験面も申し分ない。
 スイングの鋭さは頭一つ抜けており、この日は2安打をマークしたが、フェンス際の大飛球も2つあった。

 僅かにポイントがズレていたためスタンドまで届かなかったが、しっかりと微調整をすれば、次戦では本塁打を見せる可能性は十分にある。どんな打撃を見せるのか注目だ。

 そしてその東海大高輪台だが、2回に三星太雅のホームランなどで2点を先制して幸先の良いスタートを切るが、その後は劣勢の展開となる。

 3回表に、都立篠崎の1番・澤田恭輔のタイムリーなどで3点を奪われ逆転を許すと、6回表にも追加点を許し点差は2点に。
 打線も、都立篠崎の先発・大村瑶やリリーフの平山一輝に上手くかわされ、歯がゆい攻撃が続いた。

 しかし6回、東海大高輪台に起死回生の一発が飛び出した。
 1点を返し、なおもランナーを二人置いた場面で、バッターは2番の吉沢望。

 甘く入った直球を捉えると、打球はライトの頭上を越えていき逆転のスリーランホームランとなった。

 この本塁打で勢いに乗った東海大高輪台は、都立篠崎に猛攻を浴びせる。
 5番・安居直紀のタイムリーで追加点をが挙げると、その後さらに一死満塁で7番・滝沢広輝が押し出し四球をもぎ取る。
 さらに満塁で8番・菊地清太郎はセカンドへのゴロを放つも、これが相手のミスを誘い、ショートの悪送球で2点を追加。

 結局、この回一挙8点得点を挙げて、試合の10対4とその差を大きく広げることに成功した。

 都立篠崎は最終回に2点を返す粘りを見せたが、追い上げは続かず10対6でゲームセット。中盤のビックイニングが悔やまれる結果となった。

 都立篠崎の野木淳裕監督は試合後、「この代の選手たちは毎年監督が代わるなど、色んなことがあった世代でした。私も選手と意見がぶつかることがあったが、選手はよくやってくれました」と語り、大会までに紆余曲折があったことを明かす。

 チーム内で意見がぶつかり、不安定な時期を過ごした経験は、是非この後の人生の大きな糧にしてほしい。

記事=栗崎 祐太朗

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。