魂がぶつかり合った西東京大会の決勝!堀町のサヨナラ打で、東海大菅生が優勝



サヨナラ打にガッツポーズの堀町沖永

 甲子園なき西東京大会の決勝戦。それでもいつもと変わらぬ、いや延長戦に入った決勝戦は、例年以上に力の裵あった好ゲームになった。

 佼成学園は背番号1の平澤 燎東海大菅生は2年生の左腕・本田 峻也が先発した。試合は3回に動き出す。まず3回表佼成学園は、1番・飯森太慈、2番・小柴滉樹の連続安打に、3番・佐藤凛への死球で一死満塁とし、4番・堀川拓真の中犠飛できっちり先制した。しかしその裏、連続失策でピンチを招き、東海大菅生の3番・森下 晴貴の左中間を破る二塁打で同点となった。

 この試合佼成学園平澤 燎は、変化球を効果的に使い、緩急をつけた投球で東海大菅生打線を翻弄し、東海大菅生の本田は、クロスするように入る球が低めに決まり、佼成学園打線を抑える。

 1対1の均衡が破れたのは、6回表だ。一死一、二塁から7番・山上大樹が左中間の柵越えかと思える大きな打球を放つ。打球は外野フェンス直撃の二塁打となり、二塁走者が生還した。ただ、本塁打性の打球であったため、一塁走者がスピードを落とし、生還できなかった。

 平澤の投球に沈黙していた東海大菅生打戦であるが、8回裏に、3番・森下 晴貴の三塁手の前で打球が跳ねる左前安打で出塁すると、バッテリーエラーで二塁に進み、5番・堀町 沖永の左前安打で果敢に本塁を突き、同点に追いついた。