国士舘・中西貫録の投球で被安打6失点1の完投!早稲田実の夏終わる



国士舘先発・中西健登

 東京の高校野球において、夏の第1回大会の東京代表であり、数々のスーパースターを輩出している早稲田実業は特別な存在だ。しかし昨秋は出場を辞退したため、夏を前にして、このチームでの公式戦の経験はない。この代が初めて臨む公式戦である夏季大会での準々決勝の相手は、秋季都大会優勝の国士舘である。国士舘の永田昌弘監督は、「ピッチャーが右なのか、左なのか分かりませんでした」と言うように、データは不足していた。

 国士舘の先発は、エースの中西 健登。早稲田実は背番号は9ながら、エース的な存在である右腕の宇野 竜一朗が先発した。

 試合は序盤から動き出す。1回表早稲田実業は三者凡退に抑えられたが、その裏国士舘は1番・伊藤優が内野安打で出塁。2番・門田 朋也のセンター前への打球を捕球できず、二塁打となり、3番・鎌田 州真の中犠飛で1点を先制した。さらに5番・齋藤 光瑠の右前安打で1点を追加する。齋藤は3回裏にも、二死二塁から左前安打を放ち、さらに打点を挙げた。

 早稲田実業打線は、サイド気味のスリークォーターからカットボール、シンカーなど多彩な変化球を投げる中西に、4回まで安打2本に抑えられていたが、5回表は二死から、4回から登板している8番の田和 廉の左前安打に9番・石郷岡 大成の右中間を破る三塁打で1点を返した。田和も石郷岡も清宮 福太郎とともに2年生。次代の中心選手が中西から1点を奪った。

 それでも国士舘は6回裏に6番・有馬虎太郎の右前安打などで1点を追加。

 中西も1点を失った後は、6回に清宮の内野安打、7回に石郷岡の中前安打の安打2本に抑え、9回表も遊ゴロに奪三振2という完璧な投球内容で4-1。中西の被安打6、奪三振8、失点1という好投で、国士舘早稲田実業を破った。

 早稲田実業の和泉実監督は、「秋に優勝しているだけあって、自らミスをすることがありません」と、相手の強さを認めた。それでも、この代に公式戦を経験させることはでき、歴史はつながった。コロナの感染者が増える中で、甲子園大会が中止になっただけでなく、この大会の開催も順風なものではなかった。それだけに和泉監督は、「この大会に踏み切って頂いた高野連はもちろん、学校関係者に感謝したい」と語った。

 一方国士舘の中西は、「今日は丁寧に投げようと思いました」と語り、鎌田主将は、「ここまで来られたので、最後は笑って終わりたい」と笑顔で語った。準決勝の相手は、日大三を破り勢いに乗る佼成学園だ。甲子園につながらなくても、東京の頂点を見据えた好ゲームを期待したい。

(取材=大島 裕史)