好投手・江口陽太を打ち崩した早稲田実!コールド勝利でベスト8進出!



歓喜する早稲田実ベンチ

 強力打線を武器にベスト16まで勝ち上がってきた早稲田実業。4回戦はシード校・明大中野八王子と対戦。明大中野八王子といえば切れ目のない打線と強力な投手陣で勝ち上がってきた強豪。なかでもチームをエース、そして主将として牽引してきた江口陽太は西東京屈指の好投手だが、早稲田実業打線が江口の前に3回までノーヒットと苦戦を強いられることになる。

 1年生の夏から登板実績を持っており、経験豊富というところで主将に抜擢されている江口。「言葉ではなく行動で味方に伝えてきた」と椙原貴文監督は語るが、この日のピッチングはその象徴だった。セットポジションから足をショートの方向に上げていくことで捻りを加えて股関節にタメを作っていく。

 そこから滑らかな重心移動をしつつ右腕をトップの位置まで引き上げていく。そこから身体の縦回転に合わせて腕を振り下ろしていく。踏み出した左足に十分に体重を乗せられている分、リリースも前の方で出来ており、ボールも伸びてきている。非常にバランスの良いフォーム本格派右腕だ。

 早稲田実業の和泉実監督も「良い投手と言うことは試合前から聞いていましたが、実際に見ると緩いカーブと伸びのあるストレートが印象的でした」と評価。また明治大学の付属校であることもあって、森下 暢仁のような投手だと語っていた。

 その上で「経験上、尻上がりに調子を上げられるとまずいと思い、立ち上がりを攻めるつもりでした」とのことだったが、ふたを開ければ3回までノーヒット。江口の球威に負けてしまい、あと一伸びが足りずに序盤を終えてしまった。

 しかしその流れを変えたのは4回。先頭の1番・北村 広輝が三塁打を放ち、先制のチャンスを作る。和泉監督も「北村の1本は大きい」という流れを掴むきっかけとなる一打から、6番・中原由信のタイムリーで2点を先制した。

 するとここからは早稲田実業打線が力を発揮。5回には3番・宇野 竜一朗のタイムリーと4番・清宮 福太郎の犠牲フライで3点を追加。そして6回には6番・中原の高校通算5本目となるホームランが飛び出し7対0と試合を決定づけた。