エース・中西健登が今大会初先発で完封!都立日野に1年前の借りを返す!



雄たけびをあげる中西健登

 昨夏も対戦した国士舘都立日野。そのときは都立日野に軍配が上がっている。少し因縁めいた両チームの試合は国士舘が積極的に動く。

 先頭の1番・門田 朋也がヒットで出塁すると、3番・鎌田 州真の時に仕掛けたエンドランが成功。一死一、三塁としたところで、4番・黒澤 孟朗のセンターへのタイムリーで国士舘が先制した。

 3回には4番・黒澤の三塁打をきっかけに2点目を奪った国士舘。先発はエース・中西 健登だが、この日は安定したピッチング。3塁側のプレートから投げる分、角度をつけたボールで前半からコーナーを広く使った打たせてとる投球。さらに6回以降は「気合を入れなければ負けると思いましたので、意識しました」と中西のなかでも気持ちを込めて力のあるボールを投げんでいく。

 またスライダーやシンカーも混ぜながらでカウントを整えて自分のペースでピッチングを展開。ストレートとの球速差もあり、都立日野の各打者は変化球にタイミングが合わないシーンが多かった。

 それでも6回に味方のエラーなどで国士舘は二死満塁のピンチを招く。しかし勝負どころを間違えない丁寧な投球で都立日野6番・倉田大地を三振に仕留めて無失点。このピンチを切り抜けると、その後も無失点を続けてゲームセット。中西 健登の完封劇で国士舘都立日野を2対0で下して勝利。ベスト8進出を決めた。

 9回通じて好投を見せた国士舘エース・中西は試合後の取材で、「去年負けているチームで、ベンチから見ているだけでした。その時の借りを返すつもりで投げました。結果的に無失点で抑えられて良かったです」と内に熱い思いを秘めて投げていった。しかしあくまで試合を通じて冷静に腕を振って投げた中西。

 なかでも「シンカーが有効的だったので、ゴロを打たせることが出来ました」とコメント。自粛明けの段階では制球に苦しんだシンカーだが、ここにきて精度が上がってきたとのこと。次戦は強打の早稲田実業となるが、「ここからは強豪が相手になりますので、気を引き締めて挑戦者の気持ちで戦います」と意気込みを語った。

 そして勝った国士舘の永田昌弘監督は試合を振り返り、「中西は力まずに丁寧に投げるように伝えましたが、中西に頼りきりになってしまいました」と振り返った。その一方で打線は「打つボールを絞れずにフライアウトばかりで打ちあぐねました」と反省を口にした。

 一方敗れた都立日野の山﨑颯人主将は「挑戦者のつもりで3年間やってきたことを出し切ろうとしましたが、力が足りませんでした」とコメントしながら支えてくれた方への感謝の言葉を残した。また監督の嶋田雅之氏は、「最高のチームに対してあと一歩あわやというところまで戦うことが出来ました。ノーエラーと持ち味も出せましたし、やりつくしました」と試合を振り返った。

(取材=田中 裕毅)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。