前打者申告敬遠も「平常心でいけました」日大桜丘の4番・山本 翔一郎(3年)が決めた!



8回表、二死満塁で勝ち越し打を放った日大桜丘4番・山本 翔一郎(3年)

 4番が試合を決めた。

 日大桜丘が1点リードで迎えた7回裏、二死一、三塁の場面でバッターは錦城の4番・河原 健斗の当たりは左へ飛球が上がる。一見打ち取ったかのように思えたが、惜しくも左翼手のグラブには収まらず、適時打となり、終盤で同点に追いつかれた。

 8回の攻撃の前、日大桜丘の佐伯 雄一監督は、「レフトの子のミスと捉えるか、それとも守備範囲が広いが故に捕球まではできなかったと捉えるか」ということと、常日頃から言っている、「ミスしたときに負けるのではなく、ミスをカバーできなかったときに負ける」ということを選手たちに伝えた。

 そして、二死二・三塁の好機に、3番・太田 陽也は申告敬遠。二死満塁で打席には4番・山本 翔一郎が向かった「ただ必死でした。これまで4番の仕事ができていなかったので、ここで打たないと」と闘志を燃やすも「平常心でいけました」。甘く入った高めのスライダーを振り抜き、値千金の2点適時打となった。

 目標のベスト8まであと1勝。「今日のような苦しい展開でも、守備からリズムを作り、好機で仕事ができるように」と次戦以降の活躍を誓った。

(取材=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。