エース・児玉悠紀が流れを変えた!強打の都立富士森をコールドで破り、4回戦進出!



リリーフ登板で好投した日大三・児玉悠紀

 初戦で東京都市大等々力を打ち崩してきた日大三。31日の試合は都立富士森が相手。都立富士森は昨秋の都大会で国士舘と乱打戦を演じており、日大三の小倉全由監督も「国士舘さんといい試合をやっていたので、勢いを付けたくなかった」と警戒していた。

 しかし試合展開は小倉監督の想いと反する方向で序盤は進む。

 先発は背番号10を付けた棚原 幸。前回の東京都市大等々力戦同様に力強いストレートと切れ味抜群のスライダーを投げ込んでいく。だが都立富士森1番・比嘉 宇基にヒットを許すと、2番・石丸拓人には送りバント。テンポよく得点圏にランナーを進められたところで3番・森田光音凪にタイムリーを許し、先制点を与えてしまう。

 すぐさま点数を奪えば問題なかったが、都立富士森先発・森田のコーナーを突くピッチングを前に初回無得点。出鼻をくじかれる結果となり、都立富士森は勢いに乗ってしまう。

 1年生の秋からピッチャーを始めた森田。セットポジションから本人も大事にしてきたヒップファーストで重心を前に送り出し、右腕をしっかり上から叩く。ストレートとスライダーをコースに投げ分ける巧みな投球に日大三打線も序盤は苦戦を強いられた。

 それでも2回に1番・渡辺 凌矢の内野ゴロの間に1点を返して同点に追いつく日大三。これで振り出しに戻ったと思いきや、先発・棚原が踏んりきれず3回に都立富士森9番・青木直斗にヒットを許したところで、エース・児玉 悠紀がマウンドへ上がる。

 「ランナーがいてプレッシャーで硬くなっていましたが、抑えないといけない」とエースの覚悟をもって向かっていった児玉は、都立富士森3番・森田に犠牲フライで1点を許すものの、後続を断ち切る。

 エースの意地の投球に自慢の打線が3回から応える。

 先頭の3番・柳舘 憲吾、そして6番・山田 和がライトフェンスに突き刺すホームランで勝ち越しに成功すると、4回には一挙5得点。これで試合を決定づけた。