6回11得点の猛攻で早稲田実が4回戦へ!清宮の打席から見えた1年間の成長の姿



早稲田実4番・清宮福太郎

 投打にわたってタレントが揃っている早稲田実業。3回戦では都立府中西と対戦することとなったが、この試合は徐々にエンジンをかけていく形となった。

 都立府中西の先発はエース・小杉竜也。セットポジションから大きなテイクバックをとりながら重心移動をして、着地同時に一気に身体を回転させる。本格派のオーバースローだが、時折混ぜるカーブとスライダー。そしてチェンジアップと緩急も駆使しながら打者を翻弄する。特に外角のストライクからボールになるスライダーに早稲田実業の各打者は序盤苦戦を強いられた。

 それでも初回に1つの四球とエラーから一死二、三塁のチャンスを作る。ここで4番・清宮 福太郎がショートゴロに倒れるも、ランナーが生還。さらに5番・西口 純生のタイムリーで2点を奪うことに成功した。

 2回にも追加点を奪った早稲田実業。先発・菊池 笙太郎。セットポジションから動きだして、右腕を下ろしたまま重心を移動して着地同時に腕を引き上げていきながら鋭く身体をひねる。曲がりの大きいカーブや縦のスライダーなどを投げ込む本格派右腕だ。

 その菊池が制球を乱しながらも都立府中西打線を封じ込めて、4回までスコアボードに0を並べていく。

 早稲田実業打線は4回、一死から2つの四球からチャンスを作り、3番・宇野 竜一朗の犠牲フライなどで2点を追加。さらに5回には相手のミスで7点目を奪い、7対0と着実にリードを広げる。