2020年07月30日 府中市民球場

都立府中西vs八王子桑志・山崎

2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

中盤に集中だを集めた都立府中西が2回戦突破!3回戦は早稲田実と激突!



先発の松崎公亮(聖徳学園)

 30日の府中市民球場の第2試合は都立府中西と都立八王子桑志・都立山崎の連合チームの一戦。試合は3回まで両チームのスコアボードに0が並ぶ投手戦が繰り広げられた。しかし都立八王子桑志・都立山崎先発の諸橋星弥の制球が乱れ始めていたところを都立府中西は逃さなかった。

 4回、先頭の5番・隠田隼が二塁打と6番・伊藤雅のヒットで先制のチャンスを演出すると、押し出しで先制。さらに9番・三瓶賢太のタイムリーなどで一挙3得点を奪うことに成功した。

 続く5回には1番・金瀬知季の犠牲フライ。さらに3番・原島琉の三塁打など打者10人の猛攻で6得点と試合を決めた都立府中西。三塁打を放った3番・原島だが、軸足が割れてしまうのは気になる点ではあるが、小さくテイクバックを取りながら少しだけ足を上げてタイミングを計る。そこから前においているポイントまで鋭くバットを振り抜く。守備を見ていても軽快な動きを見せており、身体能力が高差を感じられ、チームのキーマンともいえるだろう。

 大量9点のリードをもらった都立府中西先発の三瓶はサイドスローからストレートと横のスライダーを丁寧に外角に集めるのが特徴的な投手。時折インコースにも投げ込みことができ、ストライクゾーンを広く使ったピッチングで都立八王子桑志・都立山崎に的を絞らせなかった。

 6回に都立八王子桑志・都立山崎の1番・平井涼真に二塁打を許したが、ホームベースは踏ませず。7回も無失点に抑えて9対0とコールドが成立。都立府中西が2回戦を突破した。

 都立府中西の小川泉監督は試合を振り返ると、選手たちの硬さを感じていた。「前回は普段できていることができなかったので、その辺りを課題にしましたが、空回りをしていて一巡目で硬さが取れました」

 また、1つずつ勝っていきながら成長していけるように試合に臨んでいるが、ここまでは「想像の半分くらいですかね」と考えている。次戦は早稲田実業が相手だが、「くらいついていきたいです」と意気込みを語った。

 赤羽洸哉主将も「投手陣は四球を出さずに打たれても我慢。打つ方に関しては強いゴロを打って全力疾走できればと思います」と強敵を前に意気込んだ。

 一方敗れた都立八王子桑志・都立山崎の連合チームの原田康太郎主将は、「3回まで無失点でしたが、先に点数を与えてしまい流れを渡したところから引き戻すことが出来ずにズルズルいってしまいました」と4回の失点を悔やんだ。

 折霜文男監督も「取れるアウトは全員で取ってきましたが、昨秋と同じで四死球から苦しくなってしまいました」とコメント。しかし目標としてきた公式戦での1勝を今大会で掴めたことに、どこか達成感を感じているようだった。

(取材=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る