好投手・風戸佑斗を攻略!2年生・井上仁の好投光り、明大中野八王子がコールド勝利飾る!



先発の井上仁

 好投手・館慎太朗と風戸 佑斗を擁する昭和一学園。秋は日体大荏原に敗れたが、西東京のなかでは注目の学校の1つだ。その昭和一学園を迎え撃つのはシード校・明大中野八王子。初戦は都立の実力校・都立八王子北を破ってきた。主将兼エース・江口陽太を中心とした切れ目のない打線が昭和一学園相手にも発揮された。

 初回、一死から2番・福本 真士と3番・須江 陽海が連続四死球をもらうなど、二死一、三塁と先制のチャンスを作る。ここで5番・花岡秀太の打席で一塁ランナーの須江が盗塁した際に、キャッチャーの悪送球でランナーが生還。相手のミスで先取点を奪った。

 2回には3番・須江が二死満塁からレフトへのタイムリーを放つなど2点を追加。明大中野八王子は序盤で試合の流れをきっちり掴むことに成功した。

 このリードをしっかり守ったのが明大中野八王子先発の井上仁だ。2年生ながら椙原貴文監督が「相手が良いチームだけに、しっかり試合を作れることを考えました」と悩んだ末に登板させた井上は、一塁側プレートを使ってワインドアップで大きく振りかぶり、腕から先に動き出していく。

 右足を真っすぐに上げて、両腕を小さく回しつつ重心を前に運び、左腰から力強く回転させていく。投げおろされる左腕からは角度を付けたストレートがコーナーに決まり、時折混ぜるタテの変化球でストライクをとっていきリズムを作っていく本格派のサウスポーだ。

 攻守のリズムが噛み合った明大中野八王子は中盤も勢いが止まらない。4回には1番・築地 星流の内野安打を皮切りにチャンスを作ったところで、相手の2つのミスで2点を追加して5対0。

 一気に点差を広げると、7回に一死二、三塁としたところで明大中野八王子2番・福本がレフトの頭上を超える二塁打を放つ。これで2者が生還して7対0とコールドが成立。実力校同士の戦いは明大中野八王子のコールド勝ちで幕を下ろした。