主将・豆谷が決定打!都立成瀬が延長タイブレークを制す!



延長10回に試合を決定付ける一打を放った4番・豆谷 哲朗(成瀬)

 都立成瀬が終盤で粘り強さを発揮した。

「初回からムードを上げて、一気に押し勝とう」。試合前、都立成瀬の主将・豆谷 哲朗はチームメイトにこう話したという。

 初回は三者凡退に討ち取られるも、序盤の二回、先頭の豆谷が中前で出塁し、8番・大関 丈翔は右前、9番・吉井 良輔の左前に連続適時打を放ち2点を先制。試合の主導権を握った。

 守備では3回に一死三塁の場面で、都立福生の3番・伊藤 寛人の二ゴロの間に1点を失うも、その後は先発・平尾 仁樹が好投し、2対1の一点リードで9回へ。9回も打者2人で難なく二死を奪いこのまま都立成瀬の逃げ切りかと思われた。しかし、1番・入谷 圭に四球で出塁を許すと、入谷の決死の好走塁で、9回二死から同点に追い付かれ、試合は延長タイブレークへ。

 相手ベンチは今日1番の盛り上がりをみせる中、都立成瀬は流れを渡さなかった。

 10回表、一死満塁で2番・姫野 晴己が四球を選び1点を取ると、3番・平尾、4番・豆谷の連続適時打で一挙5点を奪い試合を決定付けた。

 最後の打点を叩いた主将・豆谷は「これまで4番としての働きができていなかったできてよかった」と一安心。次戦に弾みをつけた。これまで3回戦突破したことない都立成瀬。主将で4番の豆谷の覚醒で新たな歴史を作ることができるか。

(文=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。