世田谷学園、2日連続のコールドで3回戦へ!勝利を呼び込んだ八木の一発



本塁打の世田谷学園4番・八木達哉

 天候不順が続く中、日程もタイトになってきた。世田谷学園都立練馬も前日に1回戦を戦ったばかり。世田谷学園は5回コールドで圧勝したのに対し、都立練馬は9回サヨナラという劇的な勝利を飾っている。

 そしてこの日も雨が降る中で試合が行われた。世田谷学園の先発は奥田世漣、都立練馬は横手投げの木下翔真と、前日と同じ先発投手になった。

 2回表、「天候が悪いので、速くピッチャーを楽にしてあげたい」と思い打席に入った4番で主将の八木達哉が高めの直球を叩くと、打球はレフト柵越えの本塁打となり、世田谷学園は貴重な先取点を挙げた。さらに走者2人を溜めて、今度は8番・濱田雄太が左中間を破る二塁打を放ち2人が生還。世田谷学園は前日の大勝に続き試合の主導権を握った。

 もっとも都立練馬も負けていない。3回裏に3本の安打を重ねて一死満塁とし、2番・松川文大が中前安打を放ち、1点を返した。ここでさらに一発が出れば、同点、逆転という場面。ここで奥田の投球にギアが入る。3番・辻本陵太、4番・根本将利をカットボールで続けて三振に仕留め、この回のピンチを1点だけで切り抜ける。

 世田谷学園は昨年のエース・細田 怜希(駒沢大学)もカットボールが良かったが、一種のお家芸として継承されているようだ。

 結局この回の攻防が、試合の流れを決めた。世田谷学園は4回表に奥田自らが適時打を放ち、1点を追加。その裏は奪三振2を含む三者凡退で抑えた。奥田はこの試合、6イニングを投げて奪三振は8。カットボールを中心に多彩な変化球で、三振を奪える投手であることを示した。

 世田谷学園は木下に代わりマウンドに上がった辻本から、6回表は2回に本塁打を打った八木が、今度は三塁打を放つなどして5点。6回表も、雨によるぬかるみに苦しむ辻本から5点を奪った。

 7回裏は、奥田を休ませ横手投げの建守 伯が登板。建守はキレのいい変化球で3者三振に抑え、14対1の7回コールドで世田谷学園が3回戦進出を決めた。

 秋は国士舘に完敗した世田谷学園であるが、成瀬智監督は、「もともと力はあります。でも自分中心の子が多かったです」と語る。そのため冬の間は合宿を重ね、チームの団結を強め、力をつけていった。しかしその成果を試そうとした矢先にコロナ禍で練習ができなくなった。現在も練習時間はかなり制限されているという。

 それでも秋より各段に強いチームになっている。次はシード校の日本学園。投打のバランスがいい、世田谷区の伝統校同士、好ゲームを期待したい。

 一方都立練馬は、秋は1回戦で敗れたものの、桜美林とタイブレークに及ぶ熱戦を繰り広げた。強豪とも、十分善戦できる力はつけているが、勝っていくためには、ここ一番で打てる勝負強さが求められる。

(文=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。