正捕手不在を救った山縣悠孝の好守の活躍。聖徳学園が投手戦を制して3回戦へ



先発の松崎公亮(聖徳学園)

 前回の登板で素晴らしい投球を見せ、プロ注目投手に名乗りを上げた聖徳学園エース・松崎公亮。この日も、雨中の悪いコンディションの中で素晴らしい投球を見せたが、それに負けない投球を明大明治の先発・須川大地も見せた。

 序盤に点を取られた両投手だが、投球内容自体は悪いものではない。松崎は力のある直球をコーナーに投げ分け、要所ではギアを入れた圧のあるボールを投げ込んでいく。味方のミスが絡んで失点した3回以降は無失点投球を見せる。

 一方の須川も、スピンの利いた直球が内外角に決まり、立ち上がりに失点して以降は相手に付け入る隙を与えない。変化球も緩い変化球と速い変化球を織り交ぜて、スコアボードに「0」を並べていった。

 試合は2対1で明大明治が1点をリードしたまま8回に入ったが、試合を動かしたのは聖徳学園だった。

 ランナーを一人置いた場面で、3番・山縣悠孝のタイムリースリーベースで同点に追いつくと、その後一死三塁の場面で5番・柊雄介が一塁への強襲安打を放って勝ち越しに成功する。

 これで王手をかけた聖徳学園は、松崎が最後まで熱のこもった投球を続け、試合はそのまま3対2で聖徳学園が勝利。終盤の逆転劇で、3回戦進出を決めた。

 実は聖徳学園は、正捕手の海老塚がマスクを被ることができずに、急遽3番・センターの山縣がマスクを被ることになった。不慣れな捕手をこなす中で、2打点を挙げた山縣を中里英亮監督は手放しで賞賛した。

 「松崎のボールを捕るのも大変なので、その中で本当によく打ってくれました。野球センスのある子なですが、今日ここまで打つとは思いませんでした」

 次の試合では、いよいよ昨年の秋季大会4強の創価と対戦する。中里監督は「あれだけの戦力ですから、当たって砕けろです」と話し、正面からぶつかっていくことを口にした。

 エース・松崎を中心にどんな戦いを見せるのか注目だ。

(文=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。