先発・小磯の好投で日大二が3回戦へ!都立三鷹中等教育は「左投手対策」実らず



先発・小磯孝平(日大二)

 日大二の大黒柱と言えばエースで4番の折笠利矩であるが、この日マウンドに立ったのは背番号9の左腕・小磯 孝平であった。

 スリークウォーターの腕の位置から投げ込む、クロスファイヤー気味に食い込む直球が持ち味の小磯。
 立ち上がりは「緊張していた」と田中吉樹監督も話したが、打線が先制点を挙げていたこともあり、伸びのある直球を軸に無難な立ち上がりを見せる。

 日大二中時代にもバッテリーを組んでいた捕手の岩田 侑真も、「調子は悪くなかった。低めにしっかり投げることが出来ていた」と話し、無難な投球を見せたことでチームにリズムを与えた。

 打線も序盤から好調だった。
 1回表に無死二、三塁から3番・戸谷 進太郎のレフト前タイムリーで先制点を挙げると、その後も2本のタイムリーで試合の主導権を掴む。
 3回表にも4番・折笠、5番・岩田の連続タイムリーツーベースなど追加点を挙げ、3回を終えた時点で6対0とその差を大きく広げる。

 劣勢となった都立三鷹中等教育は、左腕の多い日大二投手陣に対応するため、「マシンで対左投手の対策を練ってきた」と沼舘康太主将は明かしたが、クロスファイヤー気味に食い込む小磯のストレートに対応できずに凡打を重ねる。

 4回裏に6番・田村翔一のタイムリーで1点は返したが、反撃はこの1点のみ。
 最終的に試合は14対1の5回コールドで日大二が2回戦を突破した。

 敗れた都立三鷹中等教育の新井裕之監督は、「力負けです。相手はシード校なので、練習してきたことを出し切りたいと思っていましたが、初回から力負けしていました」と話し、悔しさを滲ませた。

 それでも、都立三鷹中等教育の沼舘主将は「やってきたことが出せなかったことは悔しいですが、他の部活の大会が中止になる中で試合に出場させてもらったことに感謝したいと思います」と前向きな言葉で高校野球を締めくくった。

 勝った日大二は、3回戦では桜美林成城学園の勝者と対戦する。3回戦の戦いも注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。