椙原貴文監督の期待以上の投球!明大中野八王子・松浦寿和が8回無失点の好投!



明大中野八王子先発・松浦寿和

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 雨が降りしきる中で始まった明大中野八王子都立八王子北の試合。ポイントは試合序盤にやってきた。

 初回、明大中野八王子は一死から2番・福本 真士と3番・須江 陽海が出塁して先制のチャンスを作る。ここで4番・黒島 拓実がきっちりと仕事を果たすタイムリーを放ち、明大中野八王子は幸先よく先制に成功する。

 2回にも1番・築地 星流のタイムリーなどで2点を追加してリードを広げたが、3回以降はホームが遠退いた。都立八王子北先発・東原真央はあまり足のステップの幅が広くないが、その代わりに高さを付けることでボールに角度を付けた。身体の回転に合わせたオーバースローと相まって、大きく曲がるカーブが中盤以降は冴えわたり、明大中野八王子打線に追撃を許さない。

 こうなると少しでも早く都立八王子北は1点を返してもう一度リズムを作りたいところだが、明大中野八王子の先発・松浦寿和がそれを許さなかった。

 セットポジションから動き出し、ポンとグラブを足に立ててリズムと取り、そこから後ろに大きくテイクバックをとった右腕を鋭く振り抜くサイドハンドのピッチャー。外角を中心とした配球だが、横に曲がるスライダーを混ぜるなどキレのボールの出し入れする。ストライクゾーンの横幅を上手く使ったピッチングで、都立八王子北に反撃の隙を与えない。

 すると、6回から都立八王子北のマウンドに上がった2番手・佐藤琉から8回に1点を追加して5対0と試合を決定づけた。

 最後はエースであり主将の注目右腕・江口陽太がランナーを出しながらもホームベースは踏ませずゲームセット。明大中野八王子が実力校・都立八王子北を破って初戦を突破した。

 試合後、明大中野八王子の椙原貴文監督は先発・松浦のピッチングについて、こう振り返る。
 「前から使ってみたいと思っていましたが、ナイスピッチングでした。ただ、あまりに調子が良かったので、少し引っ張りすぎてしまいました」と称賛をしつつも、長いイニングを任せてしまったことを反省した。

 そんな松浦は試合後、「角度を付けるためにも打者のアウトコース投げ分けることを自粛明けから意識はしてきました」と今日のピッチングは練習再開後から地道に取り組み続けた来た成果だったと語った。

 2年生の春まではスリークォーター気味の投手だったが、質の高いボールを投げ込めるために今のサイドスローに転向した松浦。エース・江口とともにこれからの試合でどのような投球を見せるのか。

 一方、敗れた都立八王子北の内田健太郎監督は「打ち勝てるようにやってきましたが、打てませんでした。ですが昨秋は終盤に粘れませんでしたので、その点は成長したと思います」と試合を振り返った。また試合に登板した東原と佐藤について「Wエースで2人が頑張ってくれました。良く投げてくれました」と称えた。

 主将の市倉渉は「初回の守備が敗因だと思います。もっと危機感をもって失点を減らせればよかったです」とコメントを残した。

記事=田中 裕毅

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。