日大三コールド勝ちも硬さの見られた打線。東京都市大等々力・廣瀬のスローボール光る!



日大三4番・大城龍馬

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 西東京が誇る全国区の超名門・日大三が28日に初戦を迎えた。ダイワハウススタジアム八王子で東京都市大等々力と対戦すると、我慢の一戦となった。

 日大三の先発は背番号10を付けた棚原 幸。昨年のエース・井上 広輝を彷彿とさせる投手で、ノーワインドアップからゆったりと足を上げていき、滑らかなフォームで重心移動に入っていく。深く沈みこみ、上半身と下半身を連動させながら、パワーを指先にまで伝えていく。力強く振り抜かれた右腕からはストレートに緩いカーブ。さらに鋭く落ちるスライダーを投げ込む本格派右腕だ。

 その棚原が立ち上がりを無失点で抑えると、直後の攻撃で1番・渡辺 凌矢が四球を選ぶなど一死二、三塁のチャンス。ここで4番・大城 龍馬がライトへの犠牲フライを放って日大三が幸先よく先制。4番の大城はテイクバックをほとんどとらず、大きな反動を使ったバッティングではないが、バットのヘッドを少しピッチャー方向に入れた状態から軸で回転をすることでインパクトまでヘッドを走らせる。ヒットこそ出なかったが、鋭いスイングを見せており、対戦する投手としては厄介な打者だ。

 日大三はその後2回、3回と点数を重ねていき3回終わって6対0。日大三がリードを広げて主導権を握っていった。

 しかし4回から東京都市大等々力は2番手・廣瀬風雅の投球の前に日大三の勢いが止められた。立ち投げに近いような投球フォームから身体を縦に捻って、腕を振り下ろしていく。そのフォームから繰り出される大きく曲がる緩いカーブが、日大三打線が苦戦を強いられた要因だった。

 楽天イーグルスの岸孝之を参考にしているカーブは大きな弧を描いてキャッチャーミットに収まる。あまり見慣れないボールの軌道に合わせて、120キロ中盤を計測するストレートに対して球速は90キロ程度と、ここの緩急も日大三打線が苦戦した。

 それでも5回に2番・熊倉 幹太の犠牲フライで1点を追加して7対0と何とかリードを広げた日大三。4回から2番手としてマウンドに上がっていた柳舘 憲吾が、6回に東京都市大等々力の4番・里見拓哉のタイムリーで1点を失ったが、7回に一死満塁から相手の押し出しで日大三が8点目を奪ってゲームセット。7回コールドで日大三は勝利を手にした。

 試合後、日大三の小倉全由監督は「硬かったですね。もっと初球から打ちに行っても良かったんですが、『ヒットを打たないといけない』という重圧があったんだと思います」と選手たちの様子を振り返る。一方で攻撃に関しては「あのカーブを狙っていかないと。また犠牲フライで点数を獲れましたが、やはりヒットで繋いで点数を獲りたいですね」と次回に向けての修正点も語った。その点に関しては主将の渡辺も「チャンスは作れましたが、犠牲フライでしか点数が取れませんでした。あのチャンスでヒット1本が出せるようにしたいです」と小倉監督と同様の課題を挙げた。

 甲子園がない今回の独自大会だが、日大三はあくまで狙うは優勝。「今までの練習はなんだったのかとなりますし、やりきらないと悔いが残りますから」と小倉監督は理由を述べ、独自大会に対する想いをコメントした。

 そんな日大三は3年生主体だったが、渡辺主将や2番手として登板した柳舘以外にも力を持つ選手は多い。捕手の山田 和はセカンドスロー1.9秒前後をマークしており、正確性も素晴らしい。そしてバッティングでは6番に座りショートへの内野安打を放つなど走力を兼ね備えている。あまり態勢を下げずに構え、バットは肩と同じくらいの高さからほとんどテイクバックを引かずに鋭く回転するのが特徴的だ。

 また7番に座った難波 研伍は軸足に重心をしっかり乗せて、ややアッパースイング気味にスイング。ハマれば長打が出せそうな高い潜在能力を感じるスイングをしている。ただ、タイムリーを放ったときは逆方向にタイムリー打つなど、器用な一面も持ち合わせる。確立を上げていくと厄介な打者となるだろう。今後の試合での活躍に期待したい。

 そして敗れた東京都市大等々力。中盤は2番手・廣瀬の好投も光り、日大三打線を封じ込めつつ、2点を奪うことが出来た。この好投について廣瀬は「不安はありましたが、しっかり投げられていたので自信を持ちつつ、3年生と少しでも長くやりたい。そしてちょっとでも助けられればと思ってマウンドに行きました」とコメント。まだ2年生の廣瀬は今回のピッチングで、さらに自信を深めることが出来た。秋以降の活躍も期待されるが、内野清監督は「これから1年生とも競争していくことになりますが、秋は主力としてやってくれればと思います」と語った。

記事=田中 裕毅