早稲田実業、プロ注目右腕を粘り強く攻略。2年生右腕・田和廉が完封勝利!



八王子実践・後藤結人

 早稲田実業vs八王子実践の一戦。1回戦の八王子戦では、5本塁打を放った早稲田実業だが、今回の相手は投手のレベルが一気にグレードアップする。

 八王子実践の先発・後藤 結人は最速146キロを計測する本格派右腕だが、前評判通り常時130キロ後半~143キロの速球をマークし、1イニング2,3球は140キロ超えとその速球能力は今年の東京都でもトップクラスだろう。さらに130キロ近くも計測する高速スライダーや、日によって変化をする120キロ中盤のツーシームは、スプリットのように変化をしていた。

 快音を響かせていた八王子戦と一転して、ドン詰まりの打球が目立つように、後藤の能力は非常に高いものがある。和泉実監督も「後藤君は良かったです。これまで八王子の左腕・溝口 雄大くんのクロスの直球に備えて準備していましたから、外の攻めに対応ができていなかった」と語るように、後藤も中継を見て、外角攻めが有利だと考え、外角に直球、切れのあるスライダーが決まった。

 そんな中、早稲田実業は1回裏、一死から2番・梅村 大和がどん詰まりの三ゴロから自慢の俊足を生かし、内野安打で出塁。二死二塁から4番・清宮 福太郎の場面で、バッテリーミスでボールが深いところに転がり、二塁走者の梅村が生還し、早稲田実業が1点を先制する。さらに3回裏、無死満塁の場面で4番清宮は三ゴロ併殺。これで2対0。そして6回裏には、一死から5番・西口 純生の左中間を破る三塁打でチャンスを作り、6番・中原由信の犠飛で1点を追加。さらに7回裏には敵失とバッテリーミスで5対0とした。



早稲田実・田和廉

 早稲田実業の先発は田和 廉が快投。八王子戦に引き続き先発となったが、この投手の長所は再現性が高く、自分がやりたい動きができること。

 前日の試合でばらつきがあったことを反省し、気持ち半分、リリーフの位置を高めにして、そして踏み出す左足の歩幅を半歩狭めた。そういった微調整をしっかりと投球につなげられる器用さがあり、回を追うごとに縦にしっかりと叩く動作ができており、最速は135キロほどだが、130キロ前半でも空振りを奪え、120キロ前半のスライダーを低めに投げ分け打たせてとる投球で5安打完封勝利。八王子の1回裏に3点を失ってから、田和は13イニング無失点を継続している。

 高校に入って初完封となった。軟式の京都ベアーズ出身。早稲田の野球にあこがれて門をたたいた。清宮が4番として活躍していることに、田和も投手の立場として引っ張っていきたいと意気込んでいる。

 182センチ72キロとまだまだ細身で、しっかりと体ができた時、どんな投球を見せるのかわくわくさせる逸材だ。

 まだ守備の面で不安を感じるが、徐々に地に足がついた野球ができるようになっている。

(記事=河嶋 宗一