22歳の新任・幸野成希監督(青梅総合)の初陣


 今年の春から、英語科教師として都立青梅総合に赴任した幸野成希監督。1年目から野球部の監督も務めることになった。「現役の時よりも緊張しました」と監督としての初陣を振り返った。

 都立青梅総合は2年生エース・中村 新が3回まで被安打2で上々の立ち上がりをみせる。打線は相手エース・水上 遥貴の力のある直球を前に、押されていた。「実践経験が積めていないので、情報の共有は常日頃から心がけるようにしていました」。幸野監督はこの試合の円陣でも相手投手の球種や打席での印象を選手みんなで言い合うよう声をかけたという。すると打者一巡した3回二死での1番・戸口 一騎の打球は綺麗にセンター前へ。後続は断たれるも、ここからタイミングが徐々に合うようになってきた。

 しかし4回裏、ここまで好投の中村は先頭に四球を許すと3本のヒットなど3失点を喫し、先制を許す。反撃したい打線は5回表、1番・戸口の本日2本目のヒットとなる二塁打を放つと、二死二塁の場面で3番・倉田 太陽がセンター前へのタイムリーで1点を返した。6回にも敵失で1点を奪い、2対3と1点差まで詰め寄った。しかし、相手2番手・中台 光太を前に7回以降好機を作ることができなかった。

  4回の3失点が悔やまれた中村だったが「全然いけると思っていました」と、ベンチの雰囲気も含め、気持ちはきれなかったという。試合中、常に明るい声が絶えなかったベンチについて幸野監督は、「選手たちと年が近いので。そこがいい部分かもしれません」と都立青梅総合ナインの睦まじさが伝わる試合だった。

(記事=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。