2020年07月26日 立川市立川公園野球場

錦城vs都立調布南

2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

初回9得点の猛攻!錦城が5回コールドで初戦を突破する!



 錦城が初回から猛攻を見せる。3番維田夕輝がタイムリーを放ち先制すると、4番河原健斗、9番甲斐瑞輝、2番久保田粋などがタイムリーを放ち、計9点を先制する。

 その裏、都立調布南も1番宮下恵太朗がヒットで出塁すると3番小西海音のタイムリーですかさず1点を返した。

 しかし直後2回、錦城は8番原颯哉のタイムリーでさらに1点を加点した。

 3回4回は、都立調布南2番手下川宇見が、テンポよく錦城打線を打たせて取り、リズムを作る。都立調布南打線も徐々に錦城先発甲斐瑞輝を捉えはじめ、3回には6番林陽成のタイムリーで1点、4回には1番宮下のタイムリーなど2点を返し、点差を6点に縮めた。

 錦城は5回、3番維田のこの日3本目のタイムリー、5番並木寛太の2点タイムリー、6番相馬正太郎のランニングホームランで一挙5点を取り、点差を再び11点に広げた。

 その裏、錦城は2番手梅津龍がマウンドに上がり、都立調布南打線を無失点に抑えた。

 結果、試合は15対4で錦城が制した。

(記事=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第119回 中学時代はベンチ外の外野手。143キロ右腕へ成長した松崎公亮(聖徳学園)のプロセス【高校野球コラム】
ヤクルト・長谷川の後輩 聖徳学園のプロ注目右腕・松崎公亮がスカウトの前で雨中の完投勝利 【ニュース - 高校野球関連】
育成から支配下、そして1軍の舞台へ。急成長を遂げる注目株・長谷川宙輝(聖徳学園出身)の魅力 【ニュース - 高校野球関連】
第986回 【秋季東京都大会】立て直しを見せた国士舘、都立の健闘、底力見せた帝京 様々な色を見せた東京の秋【大会展望・総括コラム】
第970回 【秋季東京都本大会 展望】日大三、東海大菅生などが揃うブロックも!秋の都大会は超激戦が予想!【大会展望・総括コラム】
第54回 高校生投手は豊作!ドラフト前に押さえておきたい31名の投手たち【ドラフト特集コラム】
第417回 聖徳学園高等学校 長谷川 宙輝投手【後編】「プロ注目左腕が歩んだ道は聖徳学園ナインの道標となった」 【2016年インタビュー】
第416回 聖徳学園高等学校 長谷川 宙輝投手【前編】「中里監督とはじまったプロ注目左腕への道」 【2016年インタビュー】
第375回 聖徳学園高等学校(東京)【野球部訪問】
都立五商 【高校別データ】
聖徳学園 【高校別データ】
2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る