8番・山本が4打点の大活躍!都立成瀬・平尾、廣瀬の完封リレーで都立永山を下す!



勝利後に挨拶する成瀬の選手たち

 都立成瀬の先発平尾仁希が都立永山打線を三者凡退に抑え迎えた1回裏、都立成瀬は1番の廣瀬功騎から、高垣晃大、平尾の連続ヒットでたまったランナーを4番豆谷哲朗が犠牲フライで返し、1点を先制する。

 都立成瀬は3回にも、一死満塁から8番山本喜一朗のレフト頭上を超える三塁打で3点を加えた。

 対する都立永山も4回、3番大滝裕ノ介4番山本優介に連打が飛び出し、都立成瀬先発平尾を捉えはじめたが、得点には至らなかった。

 5回裏の都立成瀬の攻撃は下位打線がチャンスメイクし、再び8番山本に左中間突破のツーベースが飛び出し、1点を加える。その後1番廣瀬がタイムリーを放ち、この回2点を加えた。

 6回以降は、都立成瀬廣瀬、都立永山大滝が完璧なリリーフを見せ、最終回まで0が並んだ。

 試合は、6対0で都立成瀬が制した。

 都立成瀬は8番山本が1人で4打点を叩き出す大活躍。切れ目のない打線が持ち味だ。
都立永山も守備でリズムを作り、中盤以降は互角の戦いをしただけに、序盤の失点が悔やまれた。

(記事=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。