都立府中西・三瓶賢太が投打で大暴れ!タイムリー2本などの活躍で都立芦花を破る!



勝利し挨拶する府中西

 2回まで、両チームのスコアに0が並び迎えた3回の裏、試合が大きく動く。都立芦花は、チャンスで4番原口修人の先制タイムリー、その後3つの押し出しフォアボールで4点を先制する。

 直後の4回、都立府中西も反撃に出る。4番小杉竜也の犠牲フライ、9番三瓶賢太のタイムリーなど、相手のミスにも乗じて一挙7得点を挙げる。

 5回以降も両チーム共に得点を重ね、試合は打撃戦となった。

 5回の表には、9番三瓶の2打席連続となるタイムリーで都立府中西は2点を加点した。
 直後の5回裏、都立芦花は9番松木稜汰のライトの頭上を超えるスリーベースで2点を返した。

 6回の表、都立府中西は3番原島琉のスリーベースでチャンスを作り、4番小杉のタイムリーで1点を加点、さらに満塁のチャンスを作ったが、ここは都立芦花2番手三枝奏太が踏ん張り、最小失点に抑えた。

 6回の裏には、この回からマウンドに上がった、都立府中西2番手隠田隼が都立芦花打線を封じた。

 7回の裏、都立芦花は意地を見せ、6番伊藤雅のヒットなどでチャンスメイクしたが、1点を返すことができなかった。

 大会規定により、7回10対6で試合終了。都立府中西が勝利した。

 都立府中西は、先発の三瓶が打者としても2本のタイムリーを放ち、打線を牽引した。
 都立芦花も、出塁が多く相手バッテリーにプレッシャーを与えたが、チャンスでの1本が出なかったことが悔やまれる。

(記事=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。