明暗を分けた8回の攻防。6安打6得点と国分寺打線が爆発!



9回2失点完投の富田隆志(都立国分寺)

 小雨がぱらつく中行われた、ネッツ多摩昭島スタジアムの第一試合都立多摩都立町田工の連合チームと都立国分寺との一戦。終盤まで両者一歩も譲らず、ロースコアの引き締まった展開で試合が進んでいく。

 先制したのは都立国分寺。2回裏、一死無塁から5番・塚田 啓生主将が左線に二塁打を放つ。その後ニ死三塁の場面で、7番・岡村 響が右中間適時三塁打を放ち、長打2本で先取点をもぎ取った。

 一方、連合は3回に3番・佐藤 愛悟の左前適時打で同点に追いつき、4回には8番・服部 遼一の右前適時打で逆転に成功。しかし5回には佐藤の暴投で失点を喫し、同点で試合は終盤戦に突入する。

 両校の明暗を分けたのは8回だった。連合は好投を続ける相手先発・富田 隆志を前に三者凡退で攻撃を終える。この勢いを力に変えた都立国分寺は、この回打者一巡の猛攻で5連打を含む6安打6得点と打線が火を吹いた。佐藤は7回まで好投してきただけに松雄一監督も「代え時が難しかった」と葛藤した心境を語った。8回に2失点を喫し降板した佐藤は「体が開き、球が浮いてしまった」と悔しさを滲ませた。

 終盤で繋がった都立国分寺打線について、都立国分寺の加藤木淳監督は、「調子を落とし下位に回した選手が打ってくれた。次戦ではまた順番をがらりと変えて挑みたい」と、どこからでも好機を演出できるナインの働きを称えた。

(記事=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。