実戦ゼロの筑波大駒場。序盤攻めるも一本が出ず日大鶴ヶ丘に流れを渡す



先発の宮地一輝(日大鶴ヶ丘)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 日大鶴ヶ丘が、堅実な戦いで6回コールド勝ちを収めた。
 まずは1回裏、一死二、三塁から相手のパスボールで先制点を挙げると、2回裏にも二死二、三塁から8番・村内悠侑希のレフト前タイムリーでさらに2点を追加する。

 バントなどの小技で堅実に作ったチャンスを着実に得点に繋げ、早くも試合の主導権を握った。

 先発マウンドに登ったのは背番号10の宮地一輝。
 萩生田博美監督が「練習試合で一番調子が良かった」と先発に抜擢したが、立ち上がりはボールが浮き、得点こそ与えなかったがランナーの出塁が目立った。

 だが、味方の援護もあり徐々に試合の雰囲気に慣れてくると、ボールが低めに集まり出す。中盤に入った4回には、変化球が低めに決まるようになり、また牽制で2度ランナーを刺すなど冷静なマウンド捌きを見せて、尻上がりに調子を上げていった。

 「元々クイックで投げるとボールが浮く癖がありました。低めに投げようと意識して、4回辺りから決まるようになりました」

 宮地はこれまで野手の中心に練習を行ってきた選手で、活動再開辺りから投手として状態を上げてきた。萩生田博美監督は、指先の感覚が優れている点に直目して投手としても育ててきたと話し、力量も背番号1を背負う中條凌佑と変わらないという。
 今大会を戦う上で、活躍が期待される選手だ。

 宮地の状態が上がってくるにつれて、試合の流れを掴んでいった日大鶴ヶ丘は中盤に一気に筑波大駒場を突き放す。
 5回に4番・寺田孔也のタイムリーで1点を追加すると、6回には3本のタイムリーを浴びせて一挙6得点。
 これで10点差をつけて、6回コールドを成立させた日大鶴ヶ丘は2回戦に進出した。

 試合後、萩生田博美監督は「一戦一戦、戦いながら状態を上げていくしかない」とこの夏の戦いの難しさを口にし、選手の起用についても選手の状態を見ながら戦っていきたいと語った。

 「投手も誰がエースというわけでは無く、状態を見て相手に合わせていきながら戦っていきたいと思います」

 一方、敗れた筑波大駒場は、序盤はチャンスを作る場面もあったが得点に繋げることができずに流れを掴むことができなかった。
 大会前は週に2回、2時間程度しか練習を行うことができず、練習試合もないまま本番を迎えた。

 そんな中でも、序盤は善戦したことに朝木秀樹監督は「3点差で相手にくっついていこうと話していました。その意味では4点差はプラン通りで、思ったよりも良いゲームができたと思います」と話し、選手たちの検討を称えた。

 勝った日大鶴ヶ丘は、2回戦は27日に明星と対戦することが決まった。
 実力校との対戦だけに、どんな戦いを見せるのか注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。