2020年07月24日 府中市民球場

明星vs五日市・大東学園

2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

公式戦初打席初本塁打!明星・峠の本塁打などで5回コールド勝ち!



着々と追加点を入れる明星

 明星vs連合チームの一戦。明星は今回、新型コロナ感染拡大の影響で、長期の活動自粛。練習再開も6月下旬。再開しても1時間半程度の短時間練習。さらに対外試合ゼロと、ぶっつけ本番で試合を迎えたが、そうとは思えないような試合内容だった。

 2回裏、明星は打者10人、5安打を集中し、一挙8得点。その後も3回裏に1点、4回裏には4番貝谷光太郎の適時打や、5番峠虎仁の2点本塁打で12対0と大きくリード。本塁打を打った峠はなんと公式戦初打席初本塁打。さらに人生初の本塁打だったという。

 峠自身、これまでの紅白戦でもあまり良い当たりがなく、今大会はベンチ入りのメンバーの入れ替えが可能なため、打てなければ外される不安もありながら打席に立ったという。だが、峠が得意とするコースを思い切り振り抜き、打球はライトスタンドへ。本人も驚きの一打だった。この本塁打にベンチは大きく沸いた。

 12対0の大勝。石山監督は「久々の実戦で不安はありましたが、予想以上に打つことができました」と打撃の成果を評価していた。

 次は強豪・日大鶴ヶ丘。さらに打線の調子を上げ、ぶつかっていくのみだ。

(記事=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る