古澤、奥山の実力派2枚看板で臨む中大杉並。鮮やかな逆転勝ちで2回戦へ



4番・木村陸(中大杉並)

 中大杉並が鮮やかな逆転勝ちで1回戦を突破した。
 序盤に3点のリードを許した中大杉並だったが、阿部徹監督が「焦りはなかった」と振り返ったように、二回り目から徐々に都立武蔵の先発・大谷孝之をとらえ始める。

 3回裏、二死一、三塁から3番・増岡陽大が投手強襲のタイムリーヒットを放って1点を返すと、5回裏には4番・木村陸がレフトオーバーのタイムリーツーベースを放って同点に追いつく。

 その後、5番の高橋諭史のタイムリーなどでさらに2点を追加した中大杉並は、この回4点を挙げて一気に試合の主導権を握った。

 先発マウンドに立った背番号1の古澤耀之丞は、序盤は球が上ずり失点を許したが、3回以降は徐々に安定感を取り戻した。

 捕手の木村陸も「4回以降はしっかり低めに変化球が決まっていた」と話すように、キレのある直球と変化球のコンビネーションでテンポ良くアウトを重ねた。

 そしてリードした6回からは、背番号10の奥山範丈がマウンド上がる。
 真上の角度から放たれる力のある直球が持ち味の奥山だが、実は活動自粛期間明け辺りまで腰痛で戦線離脱していた。
 元々は1年の秋から背番号1を背負ってきた投手で、経験面も申し分ない。

 6回は二死二、三塁のピンチを迎えたが、冷静に後続を打ち取り反撃の芽を摘み、その後も直球で押すピッチングでチームに勢いを与える。
 阿部監督も「経験があるので安心して見ていた」と話し、ここから状態が上がっていけば注目される投手になるだろう。

 奥山の好投で完全に流れ掴んだ中大杉並は、6回裏にも6番・糟谷侑希のタイムリーなどで3点を挙げ、押せ押せムードのまま8回にも2点を奪いコールド勝ちを確定させる。10対3で2回戦進出を決めた。

 終わってみれば中大杉並の圧勝であったが、序盤にチャンスを作り続けた都立武蔵も忘れてはならない。中大杉並を完全に受けに入らせ、主導権を掴もうかというところまで押し込んでいた。

 この春は、活動自粛のタイミングと監督交代のタイミングが重なり、大会までは暗闇でもがくような日々を過ごしてきた。
 それでも渡邉尚哉主将を中心に士気の高いチームを作り上げ、堂々としたプレーを披露した都立武蔵ナイン。

 勝部舜也監督は、渡邉主将を手放しで賞賛した。
 「私は野球が専門ではなく、わからないことだらけでした。その中で渡邉が、本当に良くチームをまとめてくれて頭が上がりません。彼が主将だったから成り立っていました」

 都立武蔵の選手たちに涙は無かった。
 何かを完遂した人間特有の清々しい笑顔を残して、選手たちは球場を後にした。

(記事=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。