八王子実践5回コールド発進!エース・後藤4回で奪三振7



八王子実践5番・後藤結人

 本来なら初日である18日に行われる予定であった八王子対決であったが、雨が多い今大会を象徴するように、4回の中止を経て、ようやく実現した。

 この試合の注目は、今大会を代表する好投手である八王子実践後藤 結人に、昨夏は強豪の八王子を破った帝京八王子が、どう対抗するかにあった。

 注目の立ち上がりで八王子実践の後藤は、帝京八王子の3番・松田舜汰に詰まりながらレフト前に運ばれる安打を1本打たれたものの、奪三振1を含む無失点で順当な立ち上がりとなった。

 一方帝京八王子の先発・濱中太志郎は荒れた立ち上がり。一死一、三塁から八王子実践は4番・高野哲平の中犠飛で1点を先制。するとそこから濱中は3人に続けて四球で押し出し。さらに8番・遠藤靖佳の右前安打で2点を追加。そのうえ、四球2個と安打2本を重ねてこの回一気に8回を挙げた。

 初回に8点を失った濱中であるが、球自体はそう悪くなく、本来、かなり力があると思う。その点についてチームの指揮を執っている長沼正樹助監督は、「濱中があそこまで荒れるとは思わなかった。かかったボールと、抜けたボールの差があります」と語る。

 2回表に八王子実践の後藤は、中前安打1本を打たれたものの、2人を三振に仕留めるなど、徐々にエンジンがかかってきた。後藤は最速140キロ台半ばのストレートや変化球がキレ出すと、そうそう打たれないが、投球にややムラがある。

 3回表、帝京八王子が9番・中田悠太郎が投前にバント安打を決めると、崩れ出す。中田は暴投で二塁に進み、2番・小泉諒太郎の中前安打や3番・松田舜汰の四球で満塁となり、4番・遠藤蒼太の犠飛で1点。続けて5番・濱中の中前安打で帝京八王子はさらに1点を返した。「ギアをかけたつもりが、かかっていませんでした」と後藤は振り返る。

 それでもその裏八王子実践は、8番・遠藤の満塁の走者を一掃するレフトオーバーの二塁打などで6点を追加し、試合を決めた。

 4回表に後藤はさらに奪三振2を追加。結局4イニングで奪三振7と、西東京のドクターKらしい投球だった。12点差をつけて迎えた5回表は、山田駿介が登板。山田も無失点に抑え14対2、5回コールドで八王子実践が圧勝した。

 初戦を快勝した八王子実践であるが、全体練習を再開したのは、6月29日から。「野球をするのが楽しそうでした」と河本ロバート監督は語る。アメリカの野球も経験している河本監督は、後藤を「ケガをさせないよう育てています」と語る。後藤は荒れることもあるが、「粗削りなのは、昔の自分と似ています」と言い、「ピッチャーとしての能力はこれから。彼なりに頑張っています」と語った。河本監督から腕の使い方を学び、トレーニングを重ねて成長してきた後藤。八王子実践は明日、劇的な逆転勝利で勢いに乗る早稲田実業と対戦する。連投になるが、この日は4イニングしか投げていないだけに、どのような投球をするか、楽しみだ。

 帝京八王子は本来の力を発揮できないまま敗れた。練習ができなかったのは、どの学校も同じであるが、この夏の戦いの難しさを感じさせる大敗であった。

(記事=大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。