駒場学園打線がナックルボーラー永谷 宏介を攻略!逆転勝利



9回表に逆転の2点適時打を放った間野天晴(駒場学園)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 府中市民球場で行われた第3試合、駒場学園都立調布北の一戦は終盤まで手に汗握る展開だった。

 序盤は両チーム引き締まった内容で進む。駒場学園打線は都立調布北のエース・永谷宏介の決め球・ナックルボールに翻弄され、3回まで無安打。都立調布北駒場学園のエース・西村悠希を前に1安打と両校の先発が上々の立ち上がりを見せる。

 先制したのは都立調布北。4回裏に4番・大西秀真が中前適時打を放ち、均衡を破った。続く5回にも1点を挙げたが、6回にここまで好投の永谷が駒場学園2番の村上 琢磨の2ラン本塁打を含む5安打で3失点を喫し逆転を許す。

 1点ビハインドで迎えた8回、都立調布北は6番・永谷、7番・小野田結の2本のタイムリーで逆転に成功し、9回の守りに入る。後がない駒場学園だったが、先頭の6番・小林 聖己の死球を皮切りにチャンスを広げ、代打・久下椋世の同点打から、1番・間野天晴主将の2点適時打で再び逆転に成功。この回一気に5得点を挙げ、勝負を決めた。

 逆転適時打を放った間野主将は、その要因について「冬場は手から血が出る選手もいるほど振り込んだ」と、チーム全体で掴んだ成果であることを誇らしげに語った。

 次戦は強豪・東海大菅生。「難しい初戦を乗り越えたので、自分やってきたことを信じて全力でぶつかりたい」と前を向いた。

記事=編集部

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。