2019年11月10日 明治神宮野球場

国士舘vs帝京

2019年秋の大会 東京都大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

中西、帝京を2安打完封!国士舘、2年連続7回目の優勝



2安打完封勝利を挙げた中西健登(国士舘)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 全国に名の知られた強豪でありながら、優勝から遠ざかっている帝京の優勝なるか、国士舘が2年連続で優勝するか。台風19号の影響で開幕が2日間延びたうえに、雨の中で始まった秋季都大会は、快晴の神宮球場で注目の決勝戦を迎えた。

 帝京田代 涼太国士舘中西 健登と、前日の準決勝に続き、実質的なエースが先発のマウンドに立った。特に中西は準決勝では完投しているうえに、指にマメもできていた。「昨日の疲れはあります。でもマメの痛みはありませんでした」と中西は言う。

 1回表帝京は1番・武者 倫太郎が中前安打を放ち、2番・武藤 闘夢の犠打で二塁に進んだが、後続の打者が打ち取られ、得点を挙げられない。結果論を言えば、帝京は初回のチャンスを生かせなかったのが痛かった。帝京の安打は、4回表の一死後に、3番・加田 拓哉が打った中前安打を含め、2本だけだった。中西は伸びのあるストレートに、カットボールやスライダーに加え、準決勝ではほとんど投げていないシンカーを効果的に使い、帝京の強力打線を抑える。

 対する帝京の田代は、1回表に1番・林 悠永に中前安打を打たれたものの、無失点に抑え、まずまずの立ち上がりであったが、3回裏、国士舘の9番・中泉 大樹は、打ち取った打球であったものの、人工芝を高く弾む内野安打で出塁する。さらに2番・伊藤優が四球で歩いた後、3番・清水 武蔵が左中間を破る二塁打を放ち、2人が生還した。

 ここで帝京は田代に代えて、準決勝で好投した柳沼 勇輝が登板する。しかし、国士舘は柳沼の変化球にしっかり対応する。四球と敵失で二死満塁となった後、6番・吉田 健吾は中前安打を放ち2人が生還し、この回で4点を入れる。

【次のページ】 国士舘vs帝京(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
膳所、八幡商、彦根東など滋賀をリードしてきた伝統公立校たち 【ニュース - 高校野球関連】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1000回 9年ぶりの甲子園を狙う帝京。復活の予兆を見せた裏側に迫る【野球部訪問】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第1081回 覚醒のきっかけはダルビッシュ有。中西健登(国士舘)が東京都屈指のサイドハンドになるまで 【2019年インタビュー】
白樺学園vs国士舘【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
帝京vs創価【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs都立城東【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
都立城東vs共栄学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第953回 「守備の帝京」の象徴・大内智貴(帝京)。接戦になればなるほど際立つ野球センスの高さ! 【2019年インタビュー】
第949回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
国士舘 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】

応援メッセージ (1)

国士舘国士舘がんばった黒澤ファン 2019.11.10
準決勝、決勝戦応援に行きました。中西君の2試合連続2安打完封はすごかった。これから神宮大会があるが、部員一同選抜大会に向けて冬場の体力増強に励んでください。

応援メッセージを投稿する

東京都地域応援スポンサー

東京都の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る